大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

2000万円で二世帯住宅を建てる!【ローコストで理想の二世帯住宅を建てる方法】

この記事を読んで分かること☝

  • 二世帯住宅ならローコストがオススメな理由
  • ローコスト系の二世帯住宅は、2,000万円~
  • ハウスメーカーへの資料請求が必要な理由
  • ローコスト系二世帯住宅のトータル費用
  • ローコストで二世帯住宅を建てるための間取り
  • 二世帯住宅の中古には手を出すべきではない理由

さて、二世帯住宅の検討で価格は、最初に立ちはだかる大きな問題ですよね。

確かに完全分離型の二世帯住宅は高額です

大手ハウスメーカーでは、平気で4,000万円、5,000万円という金額を提示してきます。

「いやいや、そんなにお金があるなら普通の家を2つ建てます」

って感じだと思います。

でもローコストハウスメーカーであれば、2,000万円台で二世帯住宅を建てることができます。

実際に私も2,000万円台で完全分離型の二世帯住宅を新築しました。

私は二世帯住宅というのは、

「親世帯と子世帯が何らかの事情により近くで暮らす必要があって、でもその中で、新築のコストを抑えつつ、プライバシーも守る」

ということが、基本のコンセプトだと思っています。

だから理想の二世帯住宅というのは、

【低価格の完全分離型 二世帯住宅】

ということになります。

ただ、ローコストハウスメーカーで理想の完全分離型 二世帯住宅を新築するためには、検討のプロセスが非常に大切です。

この記事では、そのプロセスを順番に分かりやすく説明していますので、ローコストで二世帯住宅をご検討の方は、ぜひ実践してみてください。

■この記事を書いた人■

2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

ローコスト系 二世帯住宅の検討で悩んだら・・・

二世帯住宅の検討は難しい上に、ローコストとなるたさらに考えることが増えます。

「何が良いのか、もうよく分からない」

となってしまった方は、「住まいの窓口」をご利用になってはいかがでしょうか。

「住まいの窓口」というのは、注文住宅の相談窓口で

  • 希望・予算にあったハウスメーカーの紹介
  • 家づくりの進め方を説明
  • 資金計画の相談
  • ハウスメーカーとの調整やお断りの代行

などを対応してくれます。利用料金は無料ですから、二世帯住宅の検討でどうしようもなく悩んでしまっているのであれば、オススメです。

「予算内で完全分離型の二世帯住宅を建てることができるのか」

「どのハウスメーカーの二世帯住宅が良いのか」

悩みだしたらキリがないですが、失敗もできないので、悩む気持ちは分かります。

「住まいの窓口」では、最近、ローコストハウスメーカーや二世帯住宅についての相談が増えているようです。

新型コロナの影響で住宅価格が高騰していることも要因だと思います。

「住まいの窓口」は、こちらからどうぞ

家づくり費用の賢い抑え方とは?【住まいの窓口】がサポート

自力で情報を集めて、二世帯住宅の検討を頑張られる方は、下記記事へ進んでください。

二世帯住宅をローコストで建てるべき理由

ローコストの二世帯住宅を検討する理由は、大手ハウスメーカーでは予算的に厳しいというのが、一般的に多い理由です。

でも実は、二世帯住宅をローコストで建てるべき理由は他にもあります。

それは

一般的な一戸建て住宅と比較して、二世帯住宅は資産価値が低い傾向にあるということです。

  • 中古住宅として、販売する際、買い手が付きにくい
  • 中古住宅として、販売する際、価格が下がりやすい
  • 単世帯となった場合、家が広すぎて、維持費が無駄にかかる

など、二世帯住宅は資産として考えにくい存在です。

図解 二世帯住宅 資産価値

「それならば、資産という側面は除いて、二世帯がうまく生活できる住宅をローコストで建てることが、二世帯住宅における理想の選択です。」

大手ハウスメーカーは、高額だけあって間取りも仕様も素晴らしいです。

でも、資産価値は低いです。

(正確には、高額な予算で将来、賃貸可能な二世帯住宅であれば、資産価値は高いです。)

だから、二世帯住宅の基本的な考え方は、何世代にも渡って住み続け、新築価格のもとを取るということです。そのためには、価格を抑えたローコストの二世帯住宅を建てるべきです。

下記記事では、「二世帯住宅の資産価値」について解説していますので、合わせてご覧ください。

二世帯住宅は「ローコストの完全分離型」か「資産価値の高い完全分離型」の2択 - 大器晩成を信じて

ローコストで完全分離型の二世帯住宅を建てることは可能【2,000万円】

ローコストハウスメーカーの二世帯住宅 坪単価は、44~55万円

二世帯住宅の場合、建坪として、45~50坪以上は欲しいですから、上記、坪単価で考えると

45坪×44万円=1,980万円

ローコストハウスメーカーの完全分離型 二世帯住宅の価格は

1,980万円~をベースとして考えます。

坪単価52万円 タマホームの完全分離型二世帯住宅 3階建プラン - 大器晩成を信じて

 

これまで大手ハウスメーカーで話を聞かれた方は、「2,000万円では、完全分離型の二世帯住宅を建てることは無理」と思われているかもしれませんが、そんなことはありません。

下記グラフは、二世帯住宅を実際に建てた方のアンケート結果です。

二世帯住宅を新築する際、最も重視したことは、42.5%の方が価格設定としています。やはり二世帯住宅は、価格帯が分かりにくい上、高額となるため、価格が一番の関心事項ということが、このアンケート結果から分かります。

二世帯住宅 新築で重視したこと  アンケート結果

二世帯住宅の検討で重視したこと

【令和最新情報!】2年以内に二世帯住宅を建てた1,097人の本音!建ててわかった二世帯住宅のメリット・デメリットとは…!?|エニワン株式会社のプレスリリース

ここからは、実際にローコストハウスメーカーで完全分離型 二世帯住宅を建てるためのプロセスを説明していきます。

複数のハウスメーカー・工務店から提案・相見積を受けることは必須事項

図解 二世帯住宅 相見積

複数のハウスメーカーや工務店から提案を受けなければならない3つの理由

・二世帯住宅の相場を把握する

・二世帯住宅の間取り情報を入手する

・あなたの希望に合うハウスメーカー・工務店を見つける

最低でも2社以上から間取り・見積の提案を受ける必要があります。

なぜなら、二世帯住宅の「間取りの良し悪し」「価格帯の比較検討」のために必要だからです。

レジャーも兼ねて、住宅展示場やモデルルームへ行って、情報収集&見積依頼をするのも家造りの楽しみですが、二世帯住宅の場合は、ハウスメーカーから提案が出てきにくいケースが多いので、town life一括資料請求の利用をオススメしています。

資料請求については、記事に詳しくまとめていますので、こちらをご覧ください。

【二世帯住宅で失敗したくない!】 オススメの資料請求と成功のポイントを詳しく解説 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com

後悔しないローコストの二世帯住宅は、【資金計画と間取り】次第

・二世帯住宅の価格情報

・二世帯住宅の間取り情報

なぜこの2つの情報が重要なのか

この「価格情報」と「間取り」は、二世帯住宅の検討において、連動しています。

ただ、二世帯住宅を建てるだけであれば、価格のみを考えればよいですが、最終的な目標は、ローコストで「理想の」二世帯住宅を建てるということです。

この「理想の」というところがポイントです。二世帯住宅は、家を建てるところがゴールではなく、家が建った時がスタートです。

ローコストの二世帯住宅 資金計画は?【家本体の価格+諸経費600万円】

ここではタマホームの完全分離型 二世帯住宅を建てた際の資金計画を書かせていただきます。

・家の本体価格:22,500,000円

その他諸経費:5,055,000円

・合計:27,555,0000円

その他諸経費というのは、登記費用や地盤改良費、引越し費用などです。

資金計画で重要なことは、二世帯住宅を新築した場合、トータルでいくらかかるかの把握です。詳細はこちらの記事をご覧ください。

【二世帯住宅の資金計画】ローコストハウスメーカーの家造り - 大器晩成を信じて

二世帯住宅のタイプは3種類【オススメは完全分離型】

・完全同居型⇒建築コストを抑えることができる。

・部分共有型⇒建築コストを抑えつつ、プライバシーを確保できる。

・完全分離型⇒コスト高だが、プライバシー対策は一番良い

二世帯住宅のタイプには、上記3種類があります。

それぞれに特徴があって、基本的にはコストとの兼合いになります。

しかし、プライバシーのことを考えれば二世帯住宅というのは、完全分離型がベストです。

個人的には完全分離型以外の二世帯住宅は、おすすめしません。

なぜならば、二世帯住宅の一番の大敵は、プライバシーの問題だからです。

これは私が身をもって経験していますが、二世帯住宅での暮らしは思っている以上に難しいです。完全同居や部分共有はプライバシーの問題があり、将来、二世帯生活が破綻する可能性を秘めています。

ローコストと言えども高いお金を払って家を新築するわけですから、コストをケチって完全同居や部分共有にして、始めからそんなリスクを負う必要はないです。

二世帯住宅の間取り

理想の間取りについて、まとめていますので、間取りについては、こちらの記事をご覧ください。

【二世帯住宅 間取りを解説】二世帯住宅での生活10年で導き出した答え - 大器晩成を信じて

ローコストでオススメの間取りは、総二階造り横割りの二世帯住宅

ローコストで完全分離型の二世帯住宅を建てるのであれば、総二階造り横割りの間取りです。コストを抑えつつ、プライバシーも確保できます。

間取りの重要ポイントは

1階の寝室と2階の子供部屋の場所を離すことです。

これは、2階から1階への音対策に対して有効です。

セキスイハイム 二世帯住宅 間取り

 (引用元:セキスイハイム/完全分離プラン|失敗しない二世帯・多世帯住宅の間取り|セキスイハイム)

ローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てるメリットは⁉【コストメリットによる完全分離型の実現】

ローコストハウスメーカーの一番のメリットは、低コストということです。

建築コストを抑えることができると

・完全分離型の二世帯住宅を検討しやすくなる

・生活スペース+収納を大きく造ることができる

・プライバシー対策や生活音対策にお金をかけることができる

・住宅ローンの負担を減らすことができる

など、メリットがたくさんあります。

ギリギリの予算で大手ハウスメーカーで我慢しながら検討するのであれば、ローコストハウスメーカーで余裕を持って、検討した方が良い家は建ちます。

ローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てるデメリットは⁉

  • 総二階の間取りにする必要がある(間取りの自由度が低い)
  • 大手ハウスメーカーのようなノウハウがないため、施主の知識が重要
  • どのローコストハウスメーカーが良いのか判断が難しい

予算があって、二世帯住宅を得意としている大手ハウスメーカーであれば、これらの悩みは発生しません。

ローコストハウスメーカーの場合、施主自身が、情報を集めて知識を得ながら検討する必要があるため、資料請求などの手間がかかります。

私も経験していますので、面倒な気持ちはよく分かります。

最近は、「住まいの窓口」や「スーモカウンター」といった新築の相談窓口を利用される方も増えていますので、何から始めていいのか分からない方や言い方悪いですが不精な方は、相談窓口を利用するのも一つの選択です。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【コミュ障でも理想の住まいを手に入れる】新築の無料相談サービス オススメ3選 - 大器晩成を信じて

二世帯住宅の中古物件は、避けた方が無難【失敗する可能性大】

予算的に厳しくなると二世帯住宅の中古物件に目が行きがちですが、中古の二世帯住宅はオススメできません。

出回っている二世帯住宅は、

・二世帯住宅としては不完全

・築年数に対して価格が割高

の可能性が高いです。

中古物件の二世帯住宅を検討するなら、ローコストハウスメーカーで価格を抑え、完全分離型 二世帯住宅を建てることをオススメします。

詳細は、こちらの記事をご覧ください。

【二世帯住宅の中古住宅は失敗のもと!】低コストならローコストハウスメーカーの新築二世帯住宅 一択 - 大器晩成を信じて

大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカー 二世帯住宅の相場は?

大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカーの価格帯は、かなり差があります。ここでは、大手とローコストの価格比較をしています。

完全同居型 二世帯住宅の価格

大手ハウスメーカー:2,000~4,000万円

ローコストハウスメーカー:1,500~2,500万円

部分共有型 二世帯住宅の価格

大手ハウスメーカー:3,500~6,000万円

ローコストハウスメーカー:1,500~4,000万円

完全分離型 二世帯住宅の価格

大手ハウスメーカー:4,000~6,000万円

ローコストハウスメーカー:2,000~4,000万円

二世帯住宅のオススメ ローコストハウスメーカー

ここでは、大手ハウスメーカーとローコストハウスメーカーの相場と二世帯住宅検討の候補に入れておくべき、ローコストハウスメーカーをご紹介します。

タマホーム

理由

私がタマホームで二世帯住宅を建てて悪くなかった。また決算書から分析すると経営基盤もしっかりしており、倒産の心配がない。

最近は、価格高騰の影響もあるが、それでも大手ハウスメーカーと比較するとお得感が強い。

施工事例タグ 二世帯住宅|家を建てるならタマホーム株式会社

 

アイダ設計

理由

二世帯住宅の実績があり、コストパフォーマンスが大きい。他社とのコスト比較のためにも候補に入れておきたいハウスメーカー。

アイダ設計3つの取組

 

アキュラホーム

理由

ローコスト系では珍しいく、二世帯住宅専用の商品あり。

ローコストハウスメーカーの中では、価格・品質ともにトップレベル。

2,000万円代からの二世帯住宅 | 注文住宅のアキュラホーム

 

他にもローコストハウスメーカーはありますが、ローコスト系ではこの3社が割と良いです。リンクを貼っておきますので、気になったら確認してみてください。

他のハウスメーカーについて知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。各ハウスメーカーの二世帯住宅情報をまとめています。

【2022年度 二世帯住宅 検討の決定版】ローコストハウスメーカーから大手ハウスメーカーまで比較 - 大器晩成を信じて

ローコストで完全分離型 二世帯住宅を建てる  まとめ【低価格でも完全分離型 二世帯住宅の新築は可能】

ローコストで二世帯住宅を建てる

冒頭にも書かせていただきましたが、2,000万円で二世帯住宅を新築することは可能です。

ネット上では、2,000万円台では難しいと書かれているケースも見かけますが、実際に我が家は2,000万円台で二世帯住宅を建てているので、不可能ではないです。

低価格で理想の二世帯住宅を建てるために必要なことは、手間を惜しまないことです。

確かに大手ハウスメーカーで二世帯住宅を建てるのであれば、面倒な手間も少ないですし、二世帯住宅の情報を学ぶ必要はないかもしれません。

私もお金が住宅にあったら間違いなく大手ハウスメーカーで二世帯住宅を建てたことでしょう。

要するに自分で情報を集め、二世帯住宅の知見を増やすことは、それくらい面倒なことということです。

二世帯住宅の満足度は、情報の量と検討に費やした手間の労力に比例します。あとは実践あるのみです。頑張ってください!

お近くの住宅展示場を探す方は、こちらからどうぞ。

住宅展示場一覧|家サイト<公式ホームページ>|住宅展示場ガイド

二世帯住宅の得意なハウスメーカーをお探しの方は、こちらの記事も合わせて、ご覧ください。

【2022年度 二世帯住宅 検討の決定版】ローコストハウスメーカーから大手ハウスメーカーまで比較 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com