タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



家を検討している時、中古物件も探したが

f:id:suzu20132013:20210804052201j:plain

家を建てたのが、35歳の時ですが、家の検討はその数年前から行っていました。

お金が厳しいことが分かっていたので、中古住宅ということも検討の対象でした。

不動産屋さんに何軒も回り、その中で二世帯住宅に近い物件を見つけました。確か価格は、3,800万円くらいだったと覚えています。

 

その中古物件は、築10年で5LDKで間取りは

1階:LDK 和室

2階:洋室が4室で、そのうち1部屋は10畳くらいの広さ

そして2階には、ミニキッチンとシャワー室が設置されており、まぁ二世帯住宅と言えば、そうかもしれないという感じでしたね。

玄関は1つです。

二世帯で住むなら、1階が親世帯、2階が子世帯ですね。

 

この物件、価格的には十分に予算内だったんですが、住宅密集地帯に建っていたため、駐車場が1台分しかありませんでした。

元の持ち主がどういう事情で手放したのかは分かりませんが、二世帯で住むようになった今なら色んなことが想像できます。

 

この中古物件は、二世帯でも暮らせる作りを装っていますが、2階にあるミニキッチンやシャワー室は、簡易的なものであり、二世帯が完全に分かれて暮らすには、不十分です。

嫁さんの立場で考えれば、家を買ったのに何でこんな不自由な生活をしなくてはならないのかと憤ることでしょう。お風呂に入ろうと考えても1階にあるので、親世帯に気兼ねをしてシャワーのみになるでしょうし、キッチンだってきっと2階のミニキッチンだけで対応するようになると思います。

 

この状態が続くと親世帯からは、なんで1階に来ないの?とか私たちのことが嫌いなの?などの不満が出てくることも容易に想像できます。

 

もし我が家が、あの家を購入していたら、多分というか間違いなく、家を手放して別々に暮らすことになっていたでしょう。

 

二世帯で暮らす前は、ついついこれだけ分かれていれば、大丈夫だろうと思ってしまいますが、その甘い考え方は非常に危険です。

 

このブログで何回も書いていますが、二世帯で暮らすのならば、完全分離の二世帯住宅が、必須だと感じています。

完全分離でも色々と問題が起きるのに、完全同居や部分分離の二世帯住宅では、色々な困難が待ち受けているでしょう。

 

二世帯での生活を検討されるのであれば、完全分離の二世帯住宅というのが、基本条件になると思います。