大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【二世帯住宅の資金計画】ローコストの完全分離型なら家価格+諸経費600万円が必要

 

・二世帯住宅の資金計画を知りたい

・二世帯住宅のトータル費用を知りたい

・二世帯住宅の資金計画のポイントを知りたい

この記事では、こんなことを知ることができます。

さて、家の新築の場合、資金計画は最も重要な項目の一つです。

二世帯住宅は、親世帯と子世帯、そこで暮らす二世帯で考えなければならないので、尚更はっきりしておく必要があります。

資金計画の内容は、基本的に普通の一戸建てと同じという認識でいいですが、建築途中で誤算が生じないようにしっかり計画しておきたいですね。

家の新築は、家本体の金額以外に諸経費と言われる様々な費用がかかります。

今回は、その諸経費の内容も明確にし、これから二世帯住宅を検討される方の参考になる記事となっています。

■この記事を書いた人■

2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

二世帯住宅 新築のトータル費用と資金計画の項目

二世帯住宅を新築する際のトータル費用をざっくり把握します。

金額は、ローコストハウスメーカー タマホームの二世帯住宅の価格を参考にします。

  • 家本体価格:22,050,000円(完全分離型)
  • 住宅瑕疵保険料:220,000円
  • 地鎮祭費用:35,000円
  • 水道工事加入料:250,000円
  • 地盤調査及び地盤改良費:1,500,000円
  • 印紙代(契約書、住宅ローン)40,000円
  • 建物登記費用:250,000円
  • 火災保険料:650,000円(地震保険5年分含む)
  • 固定資産税:220,000円
  • 引越し費用:90,000円
  • 外構工事費用:1,000,000円
  • カーテン工事:250,000円
  • 屋内照明機器取付:100,000円
  • エアコン設置費用:400,000円
  • 家財購入費用:500,000円

合計:27,555,000円

ここまで揃えれば、生活できます。

土地も一緒に探すという方は、この金額+土地代ですね。

家本体以外の諸経費として、6,000,000円ほどみておきたいですね。ただこの6,000,000万円というのは、最低限です。

これで、ローコストハウスメーカーの二世帯住宅の価格イメージを持っていただけたのではないでしょうか。

家を新築する際、資金の全体像を把握できていないと想定外の出費が続くことになり、家の検討どころではなくなってしまいます。お気をつけください。

上記内容・価格をもとに資金計画をしてください。

価格については、town life家造りの資料一括請求で入手するのがオススメです。

【二世帯住宅のオススメ資料請求! 】間取り・資金計画情報 入手の決定版 - 大器晩成を信じて

また二世帯住宅の場合、親世帯と子世帯で支払の割合を決める必要もあります。

  • 自己資金をどうするのか?
  • 家の名義をどうするか?
  • 住宅ローンの契約名義はどうする?
  • 住宅ローンの支払い割合は?
  • 光熱費の支払いはどうする?

これは二世帯住宅特有の悩みです。資金計画を考える際、ここもしっかり決めておかないと後々、トラブルになるもとです。

家族だからと何となく曖昧にしておくと後で大変なことになります。

それでは、各項目毎に見ていきます。

家本体価格

22,050,000円というのは、完全分離型 二世帯住宅の価格です。

正確には家本体価格18,434,000円+オプション価格3,616,000円です。オプションの内容は、完全分離型に必要な玄関や水回りです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

タマホームの二世帯住宅 坪単価は⁉【3階建て 52万円 2階建て 44万円】 - 大器晩成を信じて

住宅瑕疵保険料

住宅瑕疵保険料は、ハウスメーカーによっては、家の本体価格に組み込まれているケースがあります。ただ、ローコストハウスメーカーの場合は、別出しにして、本体価格を少しでも安くみせるための工夫をしています。

家を新築する際は、この瑕疵保険は必須なので、加入しないということはできません。

地鎮祭費用

今は地鎮祭をやらないご家庭も増えているようです。費用は25,000~35,000円の間が多いです。ちなみに我が家はやりました。

気持ちの問題ですね。

水道工事加入料

これをやらないと水道を利用できないので仕方ないです。水道加入料って忘れがちなので、最初から予算にはしっかり入れておいた方がよいです。

忘れているとあとで、ショックを受けることになります。

地盤調査及び地盤改良費

家を新築する際、地盤調査の結果を待つ間が、一番ドキドキします。この結果次第で100~200万円の出費をするかどうかが決まりますので。

地盤改良費については、こちらの記事で詳しく説明しています。

【タマホームの地盤改良費は高い⁉】地盤調査と地盤改良費 タマホーム - 大器晩成を信じて

印紙代

ハウスメーカーとの契約時、住宅ローンの契約時に必要です。

4~5万円用意できれば、問題ありません。

建物登記費用

我が家は、土地も新たに取得したので、登記費用は、310,000円でした。土地家屋調査士法人の方にお願いしましたが、もしご自身が専門的な知識をお持ちであれば、自分で手続きすることも可能です。

でも普通は専門家にお願いすることになるので、この分の費用も見込んでおく必要があります。

火災保険料+地震保険料

住宅ローンを利用して家を新築する場合は、火災保険加入は強制のため、加入する必要があります。地震保険は任意で5年ごとの更新になっています。火災保険の金額は内容により異なりますが、40~80万円ほどで、保険期間は、住宅ローンの期間になります。我が家は、35年ローンのため、要するに35年分の火災保険ということです。

ハウスメーカーが提携している保険会社でもいいですが、火災保険の一括見積で比較した方が、費用を抑えることができるでしょう。

固定資産税

毎年、かかる費用ですが、家を建てるタイミングによっては、いきなり支払う必要があります。この固定資産税ですが、実際に家を建てて評価されてから金額が算出されるので、家の検討段階では、固定資産税が一体いくらになるのか、知ることができません。

【二世帯住宅の固定資産税は⁉】タマホームの二世帯住宅 固定資産税は220,000円 - 大器晩成を信じて

引越し費用

二世帯住宅の場合、二世帯分の引越し費用がかかります。距離や物量、時期、引越し業者によって、引越し費用は変わります。

二世帯分であれば、15~20万円程考えておいた方が良いです。

費用を抑えたい方は、「引越し業者の一括見積」や「くらしのマーケット」を利用するのもお勧めです。

外構工事費用

外構費用は、思ったよりも高額です。我が家が外構にかけたお金は、100万円です。ただ、100万円だと家の周りをブロックで囲んで、駐車場(2台分)にコンクリートを打ったら、それで終わりです。

おしゃれな外構工事をしたい方は、300万円ほど必要です。

カーテン工事

カーテンは、家の大きさにもよりますが、二世帯住宅の場合、20万円以上かかります。ただ、実際に私が暮らしてみて感じたことは、予算的に厳しいのであれば、2階はとりあえず、カーテンなしでもシャッターがあるので大丈夫です。

私は、新築当初から2階で暮らしていますが、10年間で数回しかカーテンを閉めたことがありません。

屋内照明機器取付費用

これはいくらの照明器具を取り付けるかで、変わってきます。Amazonやヤフーショッピングで調達すれば、コストはかなり抑えられます。

ただ新築なので、ついついおしゃれなものを買いがちですね。

エアコン設置費用

二世帯住宅は、LDKが2ヶ所あるので、大きめのエアコンが2台必要です。各部屋は100Vのエアコンで良いですが、特に2階のLDKは室温が高くなる傾向にあるので、200Vのエアコンを設置した方が、節電になります。

我が家は、2階のLDKに200Vのエアコンを設置、それ以外は100Vのエアコンにしています。

【新築のエアコンはどこで購入がよい⁉】タマホームとタマリビング - 大器晩成を信じて

家財購入費用

冷蔵庫やダイニングテーブル、洗濯機に乾燥機と家を新築すると欲しいものが増えます。ここは予算の具合を見ながら調整です。

二世帯住宅の資金計画 まとめ

家の本体価格以外に600万円以上、用意しておくことが望ましいです。その中で地盤改良費と外構工事費が大部分を占めます。

最悪、予算がなければ、外構工事の範囲を減らすことで、金額を下げることができますが、地盤改良はどうすることもできません。

資金計画のコツとしては、地盤改良費の予算を多めに考えておき、もし地盤改良が必要なかったらその分、外構工事に回すという感じですね。

 

ローコストハウスメーカーであれば、諸々の費用を考えても、3,000万円以下で完全分離型の二世帯住宅を建てることができます。

【2000万円台で二世帯住宅を新築⁉】ローコストで二世帯住宅を建てるロードマップ - 大器晩成を信じて

■ ま と め ■

・ローコストハウスメーカーの二世帯住宅の総予算は、27,550,000円

・親世帯と子世帯で費用負担の割合をしっかり決めておく

・地盤改良費は、不確定要素が多いため、多めに予算計上する

・火災保険と引越し費用は、一括見積を利用して費用を抑える

・外構工事費は思ったよりも高額

・予算がないなら2階のカーテンは不要

・2階のLDKは室温が高いので、エアコンは200V仕様が良い

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。