タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。

地盤調査と地盤改良工事

地盤改良って皆さんご存じですか?

家を検討されている方なら何となくは知っていると思います。

 

今回は、我が家で実際に施工した地盤調査地盤改良工事について、書きます。

f:id:suzu20132013:20210509162020j:plain

タマホームと契約し、家の設計が決まると地盤調査が行われます。

 (地盤調査と必要に応じた地盤改良をしないと家を建てることはできません。)

調査費用は、家の金額に含まれますが、改良が必要になった場合は、別途、支払う必要があります。

まず地盤調査について、「スウェーデン式サウンディング試験」というもので調査が行われました。

ドリルのような機械で、地面を貫通させていくものです。ドリルにガリガリという感触がでてきたところが強い地盤ということです。

家の図面をもとに5か所調査を行いますが、我が家の場合は、5か所とも約8mの深さまで、強い地盤がでてこなかったです。

正直、すごいショックでした。地盤改良するということは、それだけお金がかかるということですから。

我が家の場合、近くに川がながれており、大昔おそらくその川が運んできた土砂によりできた土地なのでしょう。多分、どこを調査しても軟弱地盤のような気がします。

f:id:suzu20132013:20210509162043j:plain

 次に地盤改良工事ですが、長さ8mの杭を38本立てることになりました。

(杭の幅は、電信柱くらいです。強い地盤に杭を打ち付けるというわけではなく、電信柱ほどの杭の表面と地面との摩擦で地盤沈下を防ぐというようなものです。)

杭を立てる場所を掘り、その掘った土とコンクリートを混ぜ、その穴に流しこみコンクリートがかたまったら杭になります。

これを38本です。

まぁ分かりやすく言うと、家の下に電信柱が38本埋まっているということです。

 

ここでふと思ったことなんですが、例えば家を建て替えるとかになった場合、この柱ってどうするんですかね。次の建屋用の地盤改良が必要だと思いますが、38本も電信柱のようなものが埋まっていたら改良できないですよね。

まぁ私が生きている間は、建て替えることはないと思うので、心配するようなことではないですが、ちょっと疑問に思いました。

ご存じの方、いらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

子供に伝えておきます。

 

ちょっと話はそれましたが、費用は、地盤改良費で140万円。それにプラスで残った土(残土処分)の処分費用が40万円の180万円です。

 

この地盤改良費ってネットでも安いか高いか議論の的ですが、ハウスメーカーもこんな比較のしやすいところで大幅に利益をとるようなことはしないと思います。

 まぁ地盤改良費を全く考えていなかった人にとっては、ちょっと衝撃的な出費になるので、色々言いたくなく気持ちは分かります。私も誰にぶつけていいのか分からない気持ちになりました。

 

家づくりは、情報収集が最重要です。 まずは、情報収集という方は、 こちらからどうぞ 色々な情報を入手できるので、家づくりのためになること間違いないです。