大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

二世帯住宅の光熱費は折半?【契約を2つに分けるべき理由を解説】

f:id:suzu20132013:20220305093757j:plain

この記事は、二世帯住宅の電気、ガス、水道を世帯毎で分けた方がよいか、悩まれている方に読んでいただきたい内容となっています。

二世帯住宅で親世帯と子世帯で暮らす場合、住宅ローンや光熱費をどういう割合で支払うのか、決めておかないと後々問題になります。

まさに我が家がそうです。毎月、光熱費の利用明細が届くと憂鬱になります・・・

いくら家族といっても、お金のことはしっかり決めておかないと必ず、不満はでてきます。

家を検討中って正直、この部分が疎かになりがちですが、ここでは私の実体験を踏まえ、二世帯住宅の光熱費について書いていますので、ぜひ参考にしてください。

■この記事を書いた人■
2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

二世帯住宅の光熱費を世帯毎に分けた方が理由

私自身、完全分離型の二世帯住宅に10年暮らしていますが、二世帯住宅の光熱費は、必ず世帯毎に分けることをお勧めします。

なぜならば、光熱費の契約が1つだと、世帯毎の使用量が分からないからです。

これ、軽く考えがちですが、二世帯での生活をうまく送っていくためには、非常に大切なことです。

二世帯住宅は、ただでさえ、嫁姑問題が発生する可能性があるので、できる限りもめ事の原因となる内容は、なくしていくことが大切です。

世帯毎の光熱費の使用量が分からないことによる問題点

  • 世帯毎の使用量が分からないと光熱費の支払い割合でもめる
  • 節電、節水等を頑張っても効果が分かりにくい

世帯毎の使用量が分からないと光熱費の支払い割合でもめる

我が家は、電気と水道を世帯毎で分けていないため、いつももめています。

お互いに

「うちはそんなに使用していない」

という平行線です。

でもこの話って、本当に不毛なんですよね。どれだけお互いに主張しても、最終的にどれだけ使用したのか分からないので。お互いにストレスにもなりますし、嫁姑問題にも発展しますよ。

節電、節水等を頑張っても効果が分かりにくい

二世帯分の光熱費をまとめていると毎月、かなり高額の支払いになります。そのため、節電や節水をしようと頑張りますが、二世帯分がまとまっていると、その効果が分かりにくいです。

何が良くて、光熱費が下がったのか分からないので、節電、節水の思考が弱くなり、光熱費が高くなる傾向にあります。

完全分離型 二世帯住宅で光熱費を分けていない場合(経験談)

我が家は、ガスは世帯毎に分けていますが、電気、水道は二世帯で1つの契約です。ここでは、光熱費を分けていないと、こういうことが発生するという経験談を書いています。

光熱費の支払(ガス代)

ガス代は、親世帯(1階)と子世帯(2階)で各々、ガス会社と基本契約を結んでいるので、各々で使用した分と基本料金を支払うことになります。

(安全上の理由で、1つにはできませんでした。)

光熱費の支払(電気代)

電気はガスと違い、親世帯(1階)と子世帯(2階)で分けておらず、1つの契約となっています。(60アンペアで使用上、問題はありません。)

この1つの契約というのが揉め事の元凶ですね。

要するに親世帯と子世帯の各々の電気の使用量が分からないので。

お互いに「そんなに電気は使用していない」っていう水掛け論が勃発してしまいます。

とりあえず、何となく割合は決めていますが、電気代が高い月は大変です。

電気代もガスと同様に分けておけばよかったと何度思ったことか・・・・

特に電気代は、使用すればするほど1kWあたりの単価が高くなって、トータルの電気料金も高額になってしまうため、契約は2つに分けることをオススメします。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

【二世帯住宅の電気料金は高い】電気料金の月平均は30,698円⁉ - 大器晩成を信じて

光熱費の支払(水道代)

これも親世帯(1階)と子世帯(2階)で分けておらず、1つの契約となっています。電気と同様に各々の使用量が分からないでの、何となく支払割合を決めていますが、もちろん支払の割合について、問題は発生しています。

水道の配管口径は、20Aで水圧が弱いとか水の量が少ないなどの問題はありません。

逆に水量が多すぎるため、シャワーや蛇口の締めて、水圧を弱めています。

結論:二世帯住宅のガス、電気、水道は親世帯と子世帯で契約を分けるべき

光熱費については、考え方が2つあって

  • 契約を1つにまとめたほうが、基本料金が1つなので、こちらの方が得で良いという考え方
  • 各々で契約した方が、支払金額が分かりやすいので、そのほうが良いという考え方

実際に二世帯で10年住んでみた感じだと、私は圧倒的に後者を支持します。

今でこそ何となく、支払割合が決まっていますが、例えば水道代の支払が多い時なんかは、お互いに「それほど水道を使用していない」という平行線の言い合いになるからです。電気代も然り。今までこれの調整で何度、気を病んだか分かりません。

それに子供(孫)が大きくなってくると、光熱費は必ず高くなります。(特に風呂)

ただでさえ二世帯生活は難しいといわれている中で、こういう揉め事の元を残しておいてはいけないと思います。これから二世帯住宅を検討されている方は、ぜひ光熱費を分けることをお勧めします。

二世帯住宅には、光熱費以外にも難しい部分があります。二世帯住宅での生活について、記事でまとめていますので、これから二世帯住宅を検討される方は、ぜひ参考にしてください。

nisetai-tama.com

我が家の光熱費(実績)

電気代(二世帯)・・・・20,000円  (夏場25,000円)

水道代(二世帯)・・・・40,000円   子供が小さい時は、30,000円程でしたが。

ちなみにこれが3月の請求。

水道明細

水道明細

これがもっと高くなっていくかもしれないと考えるとゾッとします。水道代は、なかなか節約が難しい部分で、お風呂のシャワーノズルを変えたりしましたが、効果のほどは分かりません。

水道代を削減したい方光熱費をお得に支払いたい方は、こちらの記事も合わせて、ご覧ください。

【水道使用量の削減方法は1つのみ】電気、ガスに続いて水道料金の値上げは必至⁉ - 大器晩成を信じて

【au契約者必見!】光熱費(電気、ガス、水道)は、au Payカードでの支払いが絶対にお得 - 大器晩成を信じて