大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【お風呂洗剤の選び方】お風呂の洗剤は、汚れの種類によって変えるべき

f:id:suzu20132013:20220319095913j:plain

今回は、お風呂の洗剤について書いていこうと思います。

前回、トイレの洗剤について書きましたが、お風呂はトイレより掃除する箇所が増えるので、洗剤の種類も増えます。

トイレの洗剤のお話しはこちら

nisetai-tama.com

お風呂の洗剤、種類がたくさんあるので、迷ってしまうと思いますが、でも実はそんなに悩む必要がなかったりするんです。

 

浴槽

f:id:suzu20132013:20220320174926j:plain

浴槽の汚れ

浴槽の汚れの原因は、人の皮脂や髪の毛などの有機系の物が多いです。そのままお湯を貯めておくと有機物が繁殖してぬめりなどが発生します。基本的には、お湯が長期間滞留するということはないので、中性洗剤での掃除で十分です。

浴槽の洗剤

バスマジックリン(中性)

成分:界面活性剤、泡調整剤、金属封鎖材、界面活性剤、界面活性剤/除菌成分、金属封鎖剤、界面活性剤、香料、着色料

バスタブクレンジング(中性・弱アルカリ性)

成分:バランス剤、金属封鎖剤、界面活性剤、溶剤、pH調整剤、界面活性剤、香料、増粘剤、着色剤

浴槽掃除の説明

浴槽の掃除には、中性、もしくは弱アルカリ性の洗剤を使用します。人が入るということで、汚れのほとんどは皮脂や髪の毛などの有機系汚れ、及びほこりなので、普通の中性洗剤で汚れを浮かせて洗い流すという感じで良いと思います。スプレーして擦らず汚れを流すという製品は、おそらく界面活性剤の含有量を多くして汚れを浮かしているのだと思いますが、取り切れない汚れもあると思うので、お風呂掃除は擦った方がよさそうです。(界面活性剤は汚れを浮かす作用があります。)基本的には毎日、お湯を捨てて洗った方が良いです。(雑菌が繁殖します。)

f:id:suzu20132013:20220320174945j:plain

床の汚れ

有機系と無機系の汚れがありますが、黒ずみや茶色っぽいのは、カビなど雑菌の有機物が繁殖した汚れです。一方、白っぽいものや擦ってもなかなか落ちない汚れは、水酸化カルシウムなどの無機系の汚れです。有機系の汚れは、結構、簡単に除去できますが、無機系の汚れは、なかなか手強いと思います。洗剤の候補としては、有機系には殺菌作用のあるもの、無機系には酸性洗剤が必要ですね。

床の洗剤

カビキラー(アルカリ性)

成分:次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム、界面活性剤、

クリームクレンザー(アルカリ性)

成分:研磨剤、界面活性剤

サンポール(酸性)

成分:塩酸、界面活性剤

床掃除の説明

有機系の汚れには、アルカリ性で殺菌剤を含有している洗剤を使用します。殺菌剤としては次亜塩素酸塩を使用している薬品です。有機系の汚れは、除去しやすいので、この薬品を使用すれば簡単に除去できます。無機系の汚れは、非常に硬く除去しにくい特性があるので、研磨剤を含有した洗剤で削るか、酸性の洗剤で溶かして除去するかどちらかです。研磨剤含有の洗剤は、削るわけですので、床の素材も若干削ることになります。削って表面が荒れると余計に汚れが蓄積しやすくなるというデメリットはあります。もう一点、注意していただきたいのが、酸性の洗剤とアルカリ性の洗剤を混ぜないということです。ここでは、両方の洗剤を紹介していますが、同時に使用してはダメです。次亜塩素酸塩は、酸性の液と混ざると塩素ガスを発生して危険です。それに酸性とアルカリ性を混ぜると中性になってしまうので、洗浄力もなくなってしまいます。

f:id:suzu20132013:20220320175003j:plain

鏡の汚れ

鏡の汚れは、水道水中に含まれる炭酸カルシウムが析出したものと石鹸の成分である水酸化ナトリウムと水道水中に含まれるカルシウムイオンが結合した、水酸化カルシウムなどが析出したもので、無機系の汚れですね。一般的にウロコと言われています。

鏡の洗剤

クリームクレンザー(アルカリ性)

成分:研磨剤、界面活性剤

サンポール(酸性)

成分:塩酸、界面活性剤

鏡掃除の説明

無機系の汚れで固いので、研磨剤を含有した洗剤で物理的に擦って落とすか、酸性の洗剤で溶かして落とすかのどちらかです。ウロコ取りの洗剤ってあんまり使用したことがないので、上記のラインナップになってしまいました。多分、ホームセンターへ行けば専用の洗剤が売っていると思います。まぁ専用の洗剤といっても成分は、研磨か酸性洗剤のどちらかですので、クリームクレンザーやサンポールと大差ないと思います。ここも注意点があって、酸性とアルカリ性を同時に使用してはダメです。単純に中性になってしまい洗浄力がなくなります。

f:id:suzu20132013:20220320175020j:plain

壁の汚れ

壁の汚れは、鏡の汚れと同じですが、通気性の悪い部分は、カビなどが繁殖した有機系の汚れもあります。

壁の洗剤

サンポール(酸性)

成分:塩酸、界面活性剤

カビキラー(アルカリ性)

成分:次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム、界面活性剤

壁掃除の説明

基本的な汚れの考え方は、鏡と同じですが、掃除の方法は違います。というのも無機系の汚れには、研磨剤で落とすか、酸性洗剤で溶かすかのどちらかなんですが、壁は鏡と違って、固さがないので、研磨剤で削ってしまうと壁の表面がなくなり、余計に汚れが付着しやすくなります。また研磨剤で擦り続けると壁の素地が出てきてしまうと思います。なので、壁の無機系の汚れは、酸性洗剤で溶かして落とし、有機系の汚れは、殺菌剤含有のアルカリ性洗剤で除去します。ここも同様に酸性とアルカリ性を混ぜないでください。特にアルカリ性の洗剤には、殺菌剤として次亜塩素酸塩が含有していますので、有毒ガスが発生します。

排水口

f:id:suzu20132013:20220320175034j:plain

排水口の汚れ

汚れの種類は、ほとんど有機系のものです。人間の皮脂や髪の毛、そして石鹸やシャンプー、コンディショナーには、有機物が繁殖するにあたっての栄養分がたくさん含まれているため、これらを含んだ排水は、ものすごい勢いで有機系不純物が繁殖します。汚れの感じは、スライム状の柔らかい物質ができて、それが排水口を詰まらせます。

排水口の洗剤

パイプユニッシュ(アルカリ性)

成分:次亜塩素酸塩、水酸化ナトリウム

排水口掃除の説明

排水口の汚れのほとんどは、有機系の汚れなので、殺菌剤を含有しているアルカリ性の洗剤を使用します。洗剤は液体のものと錠剤状のものがあります。どちらもアルカリ性塩素系ですので同じような効果が期待できますが、液体の方が色々な場所に使用できるので良いでしょう。(錠剤状のものは、水が溜まっているところにしか使用できません。)

お風呂汚れの原因は?

無機系の汚れは、水道水に含まれる炭酸カルシウムが析出したり、石鹸やボディソープに含まれる水酸化ナトリウムなどの成分が、水道水と反応して析出物を作っており、それが汚れとなっています。無機系の汚れは、時間とともに蓄積していき、且つ固いので、蓄積してしまった後だと、除去するのが困難です。

有機系の汚れは、人の皮脂や髪の毛、またシャンプーやコンディショナー、石鹸に含まれる物質を好むカビなどの有機物が繁殖することによって発生する汚れです。無機系と違い除去しやすい性質ではありますが、特に夏場なんかは短期間で繁殖します。

お風呂掃除のコツ

 

無機系の汚れは、蓄積すると除去が困難になってしまうので、汚れが蓄積しやすい床、鏡、壁は軽くで良いので、毎日、中性洗剤(浴槽の洗剤)で掃除して汚れの蓄積を防ぐことをお勧めします。これをやるのとやらないのとでは、1年後に相当な差が生まれます。ちなみに私は、不精なのであんまりこういうマメな掃除はやらないんですが、10年経った今、結構、汚れの蓄積が酷いことになっています。(もしかしたら掃除のプロに頼んでも除去するのが難しいかもしれないです・・・)

次に有機系の汚れですが、これは中性洗剤(浴槽の洗剤)でマメに掃除していても、それ自体が有機物の栄養素でもあるので、こちらは定期的に専用の洗剤を使用して掃除をする必要があります。ただ、有機系の汚れは、専用の洗剤を使用すれば、きれいになりますので、無機系の汚れのような厄介さはないです。でも臭いの原因でもありますので、気になった時はしっかり掃除した方がよいですね。

<追記>(2022年4月6日)

ちょっと書き忘れていたことがあったので追記させていただきます。アルカリ性洗剤を使用する際、塗装につかないように気を付けてください。塗装が溶けてしまいます。

お風呂の洗剤を調べてみて

お風呂の洗剤で酸性のものはあまり見たことがないので、トイレの洗剤サンポールで代用しています。やはりお風呂汚れの大半は有機系の汚れなので、アルカリ性の洗剤が多くなるということだと思います。それでアルカリ性の洗剤の成分をみると次亜塩素酸塩と水酸化ナトリウムという感じで、どの製品も同じ成分となっていました。ということは、○○用とは書いていますが、何を使っても同じような効果が期待できるのだろうと感じました。(濃度や界面活性剤の種類に変化を付けていますが、基本的な科学的作用は変わらないです。)コストを抑えた方は、成分を見ながら安い方を使用するのが良いかと思います。色々と説明してきましたが、結論として洗剤の3本柱は、カビキラー、クリーンクレンザー、パイプユニッシュと思います。

ちょっと長々と書きましたが、今回のお話しはこれで終わりです。

ありがとうございまいました。