大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【タマホームの家は地震に強い⁉】東南海・南海地震の地域でタマホームの家を新築した理由

f:id:suzu20132013:20220402090234j:plain

日本の場合、どこにいても地震に被害にあう可能性がありますよね。

身の心配もありますが、家を新築するとなると家の心配もしなくてはなりません。

実際、私もその心配をした一人です。

我が家を建てた場所は、東南海地震 発生の可能性がある地域ですので、より心配が大きかったです。

でもタマホームのことを調べれば調べるほど、タマホームの家であれば、地震は大丈夫という気持ちを持つようになりました。今回は、タマホームの家と地震について、書いていこうと思います。

タマホームの家は地震に強い⁉

我が家の建てたタマホームの「大安心の家」は、耐震等級3となっており、かなり地震には強い家となっています。

建築基準法では、耐震等級1が最低限の耐震性としていますので、そういう部分でも安心できる家と言えるのではないでしょうか。

下記は、タマホームのホームページからの抜粋です。

タマホームの「大安心の家」は耐震等級3となっており、標準仕様で「長期優良住宅」の基準をクリアしています。

耐震性の高さは熊本地震と同じ地震波を起こす実大振動実験でも実証されており、建築基準法ギリギリの耐力壁の量で設計された家は熊本地震の前震1回と本震2回の揺れで倒壊してしまったのに対し、「大安心の家」は振れ幅も小さく、壁紙が少し割れる程度と損傷を大きく抑制できています。

熊本地震を経験した施主様がタマホームを選んだわけ|タマホームの施工事例|家を建てるならタマホーム株式会社

発生するのかどうか分からない地震に対して、必要以上に心配していては、家を建てることはできないです。

タマホームに限らず、耐震性能の優れたハウスメーカーや工務店での新築を検討してみては、いかがでしょうか。

nisetai-tama.com

地震大国   日本

いきなり結論付けてしまうようですが、日本の近郊にはプレートが幾多にわたって貼り巡っているため日本で暮らす以上、どこにいても地震の被害にあう可能性はあります。

私が生まれてからの大地震でも

・阪神・淡路大震災

・東日本大震災

・熊本地震

・新潟県中越地震

など、多くの被害が出た地震が発生しています。

また東海地震、東南海地震、南海地震は、いつ発生してもおかしくないと言われている状況であり、本当に地震に対して、安心できる場所は、日本にはないのではないかと思っています。

日本 プレート解説

地震 プレート図

※内閣府のホームページより引用

東海・東南海・南海地震の詳細

私の暮す愛知県は、東南海地震の発生リスクが高まっている地域です。

大地震の発生する可能性が高いという状況の中で家を建てる場合、「地震大丈夫かなぁ」って漠然と心配にはなるもんです。

内閣府が発表している東南海・南海地震の資料で確認すると私が家を建てた場所の想定震度は、震度6弱、津波の高さは1~2mです。

資料を貼っておきますので、気になる方はご覧ください。

東南海・南海地震 震度分布図

東南海・南海地震 震度

 

東南海・南海地震 津波高さ予想

東南海・南海地震 津波予想

※内閣府のホームページより引用

東南海・南海地震対策 : 防災情報のページ - 内閣府

地震の心配がある中、家を建てるべきかどうか

若い時は、う~ん東南海地震がくるのであれば、地震がきてから家を建てた方がよいのでは、と考えていましたが、地震の起きる時間軸は人の生きる時間軸とは違うので、そんなの待ってても、私が生きている間に発生しない可能性もあるため、家を建てることにしました。

予測されている地震は、何十年と発生しないかもしれないし、今すぐ発生するかもしれない。そんな不確定なことを考えていては家を建てることはできないですよね。

ただ、家を建てる場所や家の強度には、拘るべきとは思います。

なかなか発生しない大地震ですが、逆に考えるといつ発生してもおかしくない状況だとは思います。

なので、自分を守るため、家族を守るため、良い場所に良い家を建てたいですね。

・地盤の強いところ

・海から離れた場所

・海抜が高いところ

など、生活環境とは別にそういったことも考えた方が良いです。

私が家を建てた場所

海からの距離は5kmほどしかないですが、地形的にはかなり内側の海なので、津波の心配はないと思っています。

地盤は弱かったですが、改良工事をしっかり行いました。(8mの杭を38本)海抜は2.5mですが、内閣府の津波予測は、1~2mということで問題ないと判断しました。(川の近くなので、地震とは別で大雨による洪水が心配です。ただその心配は、火災保険で対応です。)

本当であれば、もっと地盤が強くて、海から離れていて、海抜が20m以上で、生活に便利なところというのが理想だとは思いますが、予算の都合もあるので、どれかを得るにはどれかを捨てなければなりません。

我が家は、生活の利便性とギリギリの地震対策を考えて今の場所に決めました。

nisetai-tama.com