大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【分譲住宅なら「住宅情報館」や「すまいーだ」で探すのがおすすめ⁉】飯田グループHDを詳しく解説

最近、テレビCMで「住宅情報館」や「すまいーだ」ですが、この2つとも分譲住宅をメインに展開している飯田グループホールディングスのグループ会社です。

分譲住宅の取扱い数 日本一で、分譲住宅を検討する際、この飯田グループホールディングスのことを知らないと情報収集もままならない可能性があります。

特に価格を抑えて分譲住宅を購入したい方には必要な情報です。

詳しくは記事内で解説させていただきますが、飯田グループホールディングスは6社からなるホールディング会社で、その6社もそれぞれに子会社を持っています。

注文住宅のハウスメーカーであるユニバーサルホームもこのグループ会社ですね。

2023年の実績はグループ全体で、分譲住宅40,000棟以上と相当な販売数となっています。

今回は、飯田グループホールディングスについて、詳しく書かせていただきますので、これから分譲住宅をご検討の方は、ぜひ、最後まで読んでみてください。

■この記事を書いた人■

2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

飯田グループホールディングスのグループ企業

飯田グループホールディングスには、下記のグループ会社があります。

  • 一建設(分譲住宅・注文住宅)
  • 飯田産業(分譲住宅・注文住宅)
  • 東栄住宅(分譲住宅・注文住宅)
  • タクトホーム(分譲住宅・注文住宅)
  • アーネストワン(分譲住宅・注文住宅)
  • アイディホーム(分譲住宅・注文住宅)
  • ファーストウッド(木材・プレスカット)
  • ホームトレードセンター(不動産の販売・サービス全般)
  • IGウインドウズ(住宅用ガラスの製造・販売)
  • ファーストプラス(システムキッチンなどの住宅設備 販売)
  • オリエント(内装建材の製造・販売)

上記のほかに一建設の子会社として「住宅情報館」飯田産業の子会社として「ユニバーサルホーム」があります。この2つも分譲住宅と注文住宅を扱っています。

こうやって飯田グループホールディングスの全体を確認すると新築するために必要な材や機器は、グループ会社から調達しているので、価格優位性はありますね。

それぞれの会社概要を簡単に書かせていただきます。

<一建設株式会社>

  •  戸建分譲、マンション分譲を中心に全国規模で展会
  • 一期一会を大切にし、住まいの主役はお客様と考える
  • 注文住宅を手がける住宅情報館(旧:城南建設)を子会社化

<株式会社飯田産業>

  • 戸建分譲住宅事業、分譲マンション事業を中核事業とし、注文住宅事業、金融事業、リゾート事業へと展開
  • 全棟住宅性能評価を取得し、独自開発のI.D.S 工法による耐震性能の高い住宅を提供
  • ライフステージを様々な面からサポートする
  • ユニバーサルホームを子会社化

<株式会社東栄住宅>

  • 人を幸せにする住まいづくりをモットーに、土地仕入から企画・設計・施工・販売・アフターサービスに至るグループ一貫体制
  • 全棟住宅性能評価取得、長期優良住宅対応の標準採用に裏づけられた確かな品質の戸建分譲住宅「ブルーミングガーデン」シリーズを展開
  • 住み始めてからが本当のおつきあいというコンセプトで、品質と満足を追求

<タクトホーム株式会社>

  • より良いものをより安く、より早くをスローガンに、第一次取得者層の方々が安心して購入できるブランド住宅「GRAFARE(グラファーレ)」を展開
  • お客様の声に耳を傾けながら設計や設備の面で充実を図るとともに、価格の面でもご満足いただくためのあらゆる企業努力を惜しまず、品質の良さと低価格の両立を推し進める

<株式会社アーネストワン>

  • 戸建分譲及びマンション分譲を中心として事業を展開
  • 低価格で良質な住まいの提供に努める
  • 土地の仕入れから商品企画、施工管理、品質管理、メンテナンスまで、より良い「住まいづくり」に専念するビジネスモデル

<アイディホーム株式会社>

  • 価格、品質、安心という3つのバリューの確立を目指す
  • 誰もが購入しやすい価格を実現し、しかも品質や安心面では、妥協を許さない独自の管理システムを築く
  • 住まいに価格以上の価値を提供し、幸せに暮らしていただくためのコンセプトを提案する

<ファーストウッド株式会社>

  • 高品質な国産材、安定的に供給される輸入材を使用した集成材を製造し、戸建て住宅の構造材プレカット及び羽柄材プレカットを行う
  • 月産 1,300棟のプレカット、17,000 m 3 の集成材工場を併せ持ち、日本最大級の規模を誇る

<ホームトレードセンター株式会社>

  • グループ唯一の不動産販売専門会社
  • 住まいのことなら何でも相談できる、地域に根付く「不動産の総合窓口」としてニーズに応える
  • 住まいを販売するだけでなく、メンテナンス、リフォーム、カスタマイズ、売却相談まで、お引渡し後も長くお付き合いできるサービスを提供

<IGウインドウズ株式会社>

  • 住宅用の複層ガラスを販売製造する会社
  • 優れた機能を持つ製品、魅力的な製品、優れたコストパフォーマンスを持つ製品なら、国内外問わず様々なメーカーからのガラスを仕入れ、独自の工場で加工し納品する
  • 窓のプロフェッショナルとして、生活にどう貢献できるかを追求する

<ファーストプラス株式会社>

  • システムキッチンや洗面化粧台など住宅設備機器の製造・販売・取付を行う
  • 高品質・高機能・低コスト製品を製造販売することで、住宅設備機器を中心とした住空間の充実をはかり、より多くの人々が幸せに暮らせる住環境を目指す

<株式会社オリエント>

  • 住宅用内装建材を製造・販売する会社
  • フロア材、階段部材、室内用ドア、クローゼット、玄関収納、玄関用上り框等、住宅の内装で使用される建材を生産する
  • 徹底した品質管理体制と加工技術で高い精度を誇る製品の量産を実現し、環境に優しく・お手入れの簡単な安心してご使用いただける商品を提供する

分譲住宅・注文住宅の販売実績は?

「住宅情報館」や「すまいーだ」で展開されている分譲住宅や注文住宅は、地域や家の種類によりグループ会社で新築されています。

建築する会社により造り方が違うので、「住宅情報館」や「すまいーだ」で探す場合は、どの会社が建てた分譲住宅なのか確認する必要があります。

例えば、この地域の分譲住宅は一建設で、別の地域は飯田産業といった感じですね。

飯田グループ  販売実績(2023年)
  分譲住宅 注文住宅
一建設   10,650棟    
飯田産業     6,198棟    
東栄住宅     4,734棟   
タクトホーム     5,435棟  
アーネストワン   10.588棟    
アイディホーム     3,020棟      
ユニバーサルホーム      968棟

※注文住宅実績は、2022年度

グループ合計は40,000棟を超えています。これだけ分譲住宅を販売している組織は他にないですが、グループ会社単体で考えるとそこまで多くはないです。

決算短信|飯田グループホールディングス (ighd.co.jp)

ハウスメーカー別 分譲住宅事情

飯田グループホールディングスの分譲住宅は、コストパフォーマンスを売りにしているので、ここではローコストハウスメーカーの分譲住宅事情と比較していきます。

ローコストハウスメーカーの分譲住宅
  HP掲載物件数 備考
飯田グループHD   12,000棟以上 グループ外の分譲住宅の扱いあり
タマホーム   1,200棟以上 今後、分譲住宅の扱いを増やす
アイダ設計     716棟以上 コストパフォーマンスが高い
アイフルホーム    FCで数棟 分譲住宅数は少ない
アキュラホーム       50棟以上 関東圏で強い
ヤマト住建   なし 分譲地+注文住宅で分譲住宅はない
クレバリーホーム   19棟 分譲住宅数は少ない

上記の内容からローコストで分譲住宅を検討するなら

  • 飯田グループホールディングス
  • タマホーム
  • アイダ設計

の3社ですね。

飯田グループホールディングス(コストメリット大)

  • 建築資材の一括仕入れ(ファーストウッドやファーストプラス)のスケールメリットを活かしたコストパフォーマンス
  • グループ会社であるホームトレードセンターの販売網、メンテナンス対応の充実(全国400店舗以上)
  • 「住宅情報館」や「すまいーだ」で分譲住宅の情報を探しやすい
\ローコストで分譲住宅を探すなら/

タマホーム(コストメリット大)

  • 中間マージンを除くための独自の施工管理や木材流通(タマストラクチャー)、住宅設備の一括購入により、高いコストパフォーマンスの分譲住宅
  • 全国展開しており、どの地域でもタマホームの分譲住宅を探すことができる
  • リフォーム事業が充実しており、メンテナンス体制がしっかりしている
\コストを抑えながら高品質分譲住宅/

アイダ設計(コストメリット大)

  • 自社のプレスカット工場があり、資材の加工から管理まで一貫で行っており、コストパフォーマンスが高い
  • 家の外観や内装を選択できる分譲住宅(パターンオーダー住宅)を扱っており、注文住宅に近い家を購入することができる
  • 狭小タイプの設計を得意としており、延床面積の小さい購入しやすい価格帯の分譲住宅を扱っている
  • 注文住宅も分譲住宅並みの価格で建てることができる
  • 888万円の規格住宅がある
\コストと品質を重視するならアイダ設計/

アイフルホーム

  • 親会社であるLIXILの価格を抑えた住宅設備を採用して、価格優位性を出している
  • フランチャイズ展開をしており、地元の工務店が施工やアフターサービスを行ってくれるため、親身に対応してもらえる可能性がある。(その逆もありますが・・)
  • アイフルホームとして分譲住宅を全国展開しているわけではなく、一部のフランチャイズの建売住宅として販売しているため、分譲住宅販売の規模が小さい。
\大型分譲地 展開中/

アキュラホーム

  • 東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、兵庫と分譲住宅を展開している地域が限られている。
  • 他のハウスメーカーのような大掛かりな分譲地が用意されえいるわけではなく、数件を販売する建売住宅が多い。
  • フランチャイズ展開をしており、地元の工務店が施工やアフターサービスを行ってくれるため、親身に対応してもらえる可能性がある。←アイフルホームと同じ
\関東で分譲住宅を探すなら/

ヤマト住建

  • 分譲住宅の販売はしていないですが、分譲地+注文住宅を展開

クレバリーホーム

  • 分譲住宅の取扱数は少なく、分譲地に注文住宅やセミオーダー住宅を建てるケースが多い

分譲住宅を探すのに「住宅情報館」や「すまいーだ」は有効?

分譲住宅を探すということで言えば、「住宅情報館」も「すまいーだ」もどちらが良いということはありません。もう少し広く考えると「スーモ」や「LIFULL HOME`S」ともほとんど差はありません。

<分譲住宅の物件掲載数>

  • 住宅情報館 ⇒ 20,000件以上(一部分譲マンションあり)
  • すまいーだ ⇒ 10,000件以上(一部分譲マンションあり)
  • スーモ ⇒ 200,000件以上
  • LIFULL HOMES ⇒ 221,873件

「住宅情報館」や「すまいーだ」は他ハウスメーカーの分譲住宅も扱ってはいますが、でも多くは飯田グループ企業の分譲住宅のため、「スーモ」や「LIFULL HOMES」とより取扱数は少ないです。

じゃあ「住宅情報館」や「すまいーだ」を利用するメリットは?と聞かれると特別なメリットはないですね。「スーモ」で十分だと感じます。

ただ、飯田グループホールディングスの分譲住宅を検討したいなら、「住宅情報館」か「すまいーだ」がおすすめです。

ローコストで注文住宅も検討したい方は、こちらの記事も読んでみてください

■併せて読みたい■

ローコストで分譲住宅を検討するならどこがおすすめ?

ローコストで分譲住宅を検討するなら

  • 飯田グループホールディングス
  • タマホーム
  • アイダ設計
  • アキュラホーム(関東圏)

の4社で物件を探すのがおすすめです。

上記以外のローコストハウスメーカーは、タイミングにより分譲住宅を販売している可能性はありますが、分譲住宅の販売に力を入れているわけではないです。

下の表は、八王子市における分譲住宅の価格比較です。

分譲住宅 価格比較 (東京都八王子市)
   価格   間取り   延床面積 
飯田グループ   3,800万円      4LDK      105㎡
タマホーム   3.980万円      4LDK     未確認
アイダ設計   3.540万円      4LDK          107㎡
アキュラホーム   4,280万円       3LDK       90㎡

土地の価格による部分もあるので単純な比較はできないですが、価格優位性はアイダ設計が強いです。

【2024年度 最新版 アイダ設計なら999万円で家を新築できる】予算内で新築するなら、まずはアイダ設計で話を聞いてみよう - 大器晩成を信じて

ちなみに「大手ハウスメーカーの分譲住宅はどうなの?」と気になると思いますので参考として、ダイワハウスの分譲住宅ですが、八王子市内・4LDK・延床面積98㎡で分譲価格は7,900万円です。

ローコストハウスメーカーの分譲住宅がいかにコストパフォーマンスが高いのか分かりますよね。

個人的にローコストで分譲住宅を探すなら、「飯田グループホールディングス」「アイダ設計」の2社で希望する地域に分譲住宅が販売されているのか調べてみます。

この2社は分譲住宅の扱いも多いですし、予算的も必要以上に高額になることはないので、安心して検討することができます。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■おすすめ記事■