大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【嫁姑問題を回避するコツ】二世帯生活での生活では、良いお嫁さんほどうまくいかない理由

f:id:suzu20132013:20210916053227p:plain

二世帯住宅で10年生活していますが、この10年間の生活で二世帯住宅に向いているお嫁さん向いていないお嫁さんということが分かるようになりました。

もちろん二世帯住宅の建て方も、その後の生活がうまくいくかどうかのカギを握っていますが、でも最終的にはやっぱり人だと思います。

どれだけ良い二世帯住宅を建てたとしても、そこで暮らす人が二世帯生活に向いていないのであれば、うまくいきません。

■この記事を書いた人■

2012年にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。

二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

世間一般に考える良いお嫁さん(二世帯住宅に関係なく)

良いお嫁さん

・色々なことに気が付く

・気が付いたことはやっておく

・家事を抜かりなくしっかりできる

・育児も抜かりなくしっかりできる

・他人に対して気遣いができる

・あいさつができる

・嫌なことがあっても顔に出さない

・自制できる

あげればキリがないですし、そこまで完璧な人もいないと思いますが、この内の半分もできていれば、素晴らしいお嫁さんなんだと思います。

世間一般に考える悪いお嫁さん(二世帯住宅に関係なく)

逆に悪いお嫁んさんはというと(悪いという表現は良くないですね・・少し至らないお嫁さんということにしておきます。)

・何か変わったことがあっても気が付かない

・気づいていても何もやらない。

・家事は手抜きで片付けもあまりしない

・育児は、子供は可愛がるが、適当

・他人に対する気遣いがない

・あいさつをあまりしない

・嫌なことがあるとすぐ顔にでる

・わがまま

という感じですかね。これをすべて網羅しているとかなりの強者ですが、そこまではなかなかいないですよね。

とりあえず、一般的なお嫁さんの好し悪しを書きましたが、ここから二世帯生活に向いているお嫁さんというのを考えます。

二世帯住宅での生活に向くお嫁さんは?

上記に書いた良いお嫁さん = 二世帯生活に向いているお嫁さん

という構図は成り立ちません。

良いお嫁さん ≠ 二世帯住宅に向いているお嫁さん

ということです。

なぜかというと、良いお嫁さんは、気が付きすぎて、気を使いすぎて、嫌なことも嫌と言えなくて、自制できる、人の粗が見えてしまうような人では、姑との生活は無理です。

姑の粗が目に付いて、でも気は遣い過ぎていて、自制心が強いので我慢ばかりしていては、自分という存在を維持できないですよね。

だから一般的に良いお嫁さんというのは、二世帯生活には向かないです。

仮に初めのうちは上手くできたとしても、どこかに無理が生じていますので、長続きはできないですね。

では、どういうお嫁さんが二世帯生活に向いているのか。それは一般的に至らないお嫁さんです。

姑のやることに対して、気が付かないし、何かやっていても気を遣わない、他人に対しての気遣いもなく、あいさつもしないので、姑との接点も少なくなる。

嫌なことがあればすぐに顔にでるので姑の方が逆に気を遣うし、わがままなので、常にマイペースでストレスも蓄積しない。

これであれば、二世帯生活で嫁姑の問題は、あまり起きることはないでしょう。

(逆に姑の方が疲れちゃうかもしれません。)

こういうお嫁さんだと、姑との距離も取れるので、問題が発生する可能性はかなり低くなるのではないかと思います。

うちの嫁さんは、どちらかというと至らないお嫁さんタイプ(ごめん)なんですが、実際に二世帯で暮らしてみて、このように感じました。

二世帯住宅でうまくやっていくためのポイント

親世帯とお嫁さんは、言ってみれば赤の他人ですよね。

他人なので、当然生活スタイルも違うし、食べ物の好みも違う、もっと大きく言うと常識だって違うわけですよ。

そんな状況で一緒に暮らすわけですから、普通にしてたら小言や文句を言いたくなるケースがあって当たり前です。

ましてや嫁姑であれば、離れて暮らしていても問題が起きるのに二世帯の場合は、常に近くにいるわけですから。

気になることを全部言っていたら二世帯生活は、すぐに破綻しますよ。

だから「見て見ぬフリ」が重要です。

これができれば、二世帯住宅での生活で大きな問題は生じません。

他にも二世帯住宅にまつわる人間関係の記事を書いていますので、これから二世帯住宅を建てようと考えられている方、現在、二世帯住宅で暮らしていて、人間関係に困っている方は、ぜひ、参考にしてください。

nisetai-tama.com

nisetai-tama.com