大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【新築の検討では通勤時間を短縮すべき】 通勤時間の無駄を省き、充実した人生を送るために

f:id:suzu20132013:20211015053543j:plain

家から会社までの通勤時間は、一般的にはどれくらいなんでしょう。

首都圏なんかは、2時間かけて毎日会社まで通っている方もいらっしゃるとは思いますが、想像するだけで大変なのが分かります。

土地を購入して家を建てようとなった場合、まず考えるのが勤め先に通勤できるのかどうかですよね。さすがに通勤できないような場所へ家を建てる人はいないと思います。

車で会社通勤の場合

極端な話、自分が頑張るのであれば、どれだけ遠くても通勤できますよね。遠ければ、朝早く家を出て、夜遅く帰ってくるという感じで。家を建てる時って、結構、気持ちが高ぶっているし、予算的に厳しくなるケースも多々あるので、少しくらい通勤が遠くなってもいいか、と言う風に思いがちです。

ただ、この気持ちは結構危険なんですよ。仕事は毎日のことですからね。ある一定期間であれば我慢できるかもしれませんが、定年まで通勤し続けるんだという意識を持って土地選びをした方が良いと思います。道路の込み具合によっては、思っていたよりも通勤に時間がかかる可能性もありますし。

公共交通機関を使って通勤の場合

一般的な公共交通機関と言えば、電車とバスです。どれだけ乗り継ぐかはありますが、公共交通機関の場合は、車と違い渋滞がないので、時間は読めますよね。これ結構大きいんですよ。車の1時間は、場合によっては1時間以上になりますが、公共交通機関の場合は、時間が確実なんですよね。(事故などは別として)

土地選びの際も公共交通機関で通勤している方の方が、選ぶ選択肢は多いと思います。

通勤時間の平均と理想と限界について

みずほ不動産のホームページで以前、通勤時間についてのアンケートが掲載されていましたので、それを参考にします。

自宅から会社までの主な通勤手段は電車、片道の通勤時間の全体平均は58分でした。住居タイプ別の平均通勤時間は、一戸建てが60分、マンションが56分で4分の差が見られます。通勤時間別の割合をみると、最も多いのは60分~69分で20.6%(120名)でした。“理想”の通勤時間は平均で35分、“限界”の通勤時間は平均で86分という結果が出ています。

理想“35分”、限界“86分”。通勤時間と住まい探しのポイント (mizuho-re.co.jp)

やっぱり通勤時間は、短ければ短いほどよくて、アンケート結果の理想の通勤時間は、35分ですね。一方、限界時間は86分です。86分というと約1時間半で往復だと約3時間ですかぁ。1日に時間が無限にあるわけではないので、通勤に3時間とられてしまうのは、ちょっと厳しいですよね・・・特に家を新築するということであれば、一生の問題ですので。

通勤時間について最近思うこと

私の住む町は、割と大都市な部類だと思いますが、一般的な通勤時間は30分~1時間という感じでしょうか。ちなみに私の通勤時間は、約30分ですね。運動不足解消のため、自転車で通っています。どちらかというと近い方ですね。

ただ新型コロナ感染症が流行り出して、テレワークを時々していますが、そうなると通勤時間0分なんですよね。これまではあまり考えなかったですが、通勤時間がすごい大きく感じます。テレワークで通勤時間がなければ、朝ゆっくり寝ることがっできますし、ゆっくり食事もできます。焦ることがないんですよね。ストレスがないんです。尚且つ、仕事の準備も余裕を持ってできるので、仕事開始から集中できます。また仕事が終わったら家に帰るという時間がないので、仕事が終わった途端、家です。

最近は日が沈むのが早くなりましたが、夏場であればまだお出かけできる時間帯に家にいるというわけです。これまでは、漠然と通勤時間がもったいないと思っていましたが、実際にテレワークで通勤時間のない生活をしてみると色々な部分でメリットが大きいことを実感します。

家を建てる場所の選定は通勤時間によるメリット・デメリットを考えてみよう

ここまでざっくり書かせていただけた中にも通勤時間の長短によるメリット・デメリットがありました。家を建てるということは、通勤方法、通勤時間を固定するようなもんです。だからこそ、どこに家を建てるのか慎重に考えたいところです。漠然と考えているだけでは、人は自分の都合のいいように考えてしまうので、メリット・デメリットを書き出して、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

こうするとその土地に家を建てるメリット・デメリットが見えてくるかもしれません。

普通は、土地の値段の関係から一戸建てを建てようとすると会社から遠ざかるイメージですが、そこは少し考えた方が良いですね。当然、家を建てられる方は、通勤時間についても考えられているとは思いますが、思っているよりも大切なことなので、しっかり考えてみるようにすることをお勧めします。

土地代と家代の関係についても記事を書いていますので、良ければ読んでください

 

nisetai-tama.com