タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



雨水をろ過して何かに利用できないか

今週のお題「自由研究」

 

子供の学校の夏休みの宿題として「自由研究」なるものが、毎年課題として出されていますが、そもそもこれって親の手助けがないと、なかなか難しいですよね。

小学校高学年や中学生ならまだしも、小学3、4年生には無理だと思います。

 

この課題の趣旨が良く分からないですが、親と子が一つの目的を持って、課題をこなし、そこから何かを見つけるというものならば、「まぁそうか」っと思いましが、果たしてどうなんでしょうか。

 

「自由研究」で思い出すことは、子供が小学生の時にやった「ろ過」ですね。

使うものは

・飲み干したペットボトル

・砂(公園の砂場の砂)

・ガーゼ

・輪ゴム

・米のとぎ汁(これをろ過します)

 

f:id:suzu20132013:20210807083907j:plain

左がろ過するペットボトル

真ん中がろ過した水

右がろ過前(米のとぎ汁)

 

砂ろ過という自然界にもあるろ過方式で、湧き水も同じ原理ですよね。

山に降った雨が、地中でろ過されてきれいになり、地上へ出てくるという。

 

子供たちにそんな話をしたのかどうかは覚えていませんが、この実験は記憶に残っています。

 

最近、新型コロナの影響で家にいる機会が多いですが、家で何かできないかなぁっと色々考えています。

この「ろ過」というのは、可能性がありますね。

例えば雨水を貯めておいて、この砂ろ過を通水してきれいにし、何かにその水を利用するとか。

雨水って一般的には、すごい汚れているというイメージですが、実際本当なのでしょうか。

個人的には、雨水はゴミさえ取り除けば、川の水よりもきれいなのではないかと思っています。

 

ちょっと専門的な話になりますが、水道水の元になる川の水は、色々なものが溶け込んでいます。硬水はその典型でカルシウムやマグネシウムなどイオン物質がかなり溶け込んでいます。

一方、雨水は蒸発して、雲になり、それが雨として地上に降り注ぐわけですが、蒸発した時点でかなりの物質が取り除かれているのだと思います。

 

ということで言えば、雨水はゴミさえ取り除けば、不純物の少ないきれいな水ということがいえるのではないでしょうか。

(分析していないので、実際にはよく分かりません。私の推測です。)

 

雨水をろ過して、例えばお風呂に使うとか、トイレに使うとか、できるのではないかと思っています。

そんなことを考えていますが、そもそも雨がそんなに降っていないので、お風呂は無理かもしれません。トイレも微妙ですね。

 

まぁ使い道は悩みますが、いずれ何らかのろ過装置を作ろうと思います。

 

そう考えると、「自由研究」も無駄ではないかもしれないと、このブログを書いていて思いました。