タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



二世帯住宅と父親の入院

f:id:suzu20132013:20210904051051j:plain

この家を建てて親世帯と暮らすようになってから父親が2回入院しました。

1回目は、鼠径ヘルニアの手術(昔風に言うと脱腸ですね)で1週間、2回目は糖尿病でした。

ともに入院期間は1週間でした。

 

私の父親なので、子供たちから見れば、おじいちゃん、嫁さんから見れば義理の父親ということですね。

 

普段、親世帯はおじいちゃん、おばあちゃんの二人で1階に住んでいますが、おじいちゃんが入院しているので、当然、おばあちゃんの一人暮らしです。

 

まだ70代で元気なので、1人で暮らしていても問題ないとは思いますが、子供たちは頻繁に様子を見に行っていましたね。おじいちゃんのお見舞いにも行っていたし。

 

私も病院には行きましたが、おばあちゃんや子供を連れていってくれたのは嫁さんでした。我が家は完全分離の二世帯住宅のため、親世帯と嫁さんの接点は、限りなくゼロに近いです。月に数回、家の外で顔を合わせる程度でしょうか。

 

でも、おじいちゃんが入院した時は、しっかり対応してくれました。

接点がないし、別に仲が良いわけでもないので、いざという時どうなるかなぁって思っていましたが、そんな心配は杞憂でしたね。

 

この件で私が思ったことは

①仮に親世帯が一人になった時、1階でちゃんと暮らしていけるのだろうか

②親世帯がもっと年をとって動けなくなった時にどうなるのだろうか

③その時、嫁さんはどういう対応をとるのだろうか

などなど、色々と心配事が増えてしまいました。

 

①については、子供がたまに様子を見に行ってくれるでしょう。でも子供が大人になって家を出ていたらそれは無理なので、嫁さんが様子見に行ってくれるかなぁ。これはちょっと分かりません。

とりあえず子供に期待です。

 

②はちょっと想像できないですね・・・介護が必要になったらどうしようとか考えだすときりがないですね。

これもとりあえず子供に期待。と言いたいがさすがに無理か。

 

③について、父親が2回入院した時の嫁さんの行動は、正直予想外でした。何も考えていないようで、色々なことを考えているんだなぁって思い見直しました。頼りにもなるし。だから親世帯に何かあったら嫁さんが・・・と考えますが、まぁその時の気分で変わるので何とも言えませんね。でも困っていたらきっと助けてくれると思います。

 

最後に色々書きましたが、とりあえず親世帯二人とも元気うちは特別心配することもないし、できるかぎり元気でいてほしいと思います。 

それが二世帯生活を平和に送る一番のポイントだと思いますから。

このバランスが崩れると何らかの問題が絶対に生じると思います。