大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【二世帯住宅をオススメできない7つの理由】二世帯 成功の秘訣はデメリットを理解することから

この記事を読んで分かること☝

  • 二世帯住宅のデメリット(実体験)
  • 失敗しない二世帯住宅の建て方

同居にしても完全分離型の二世帯住宅にしても結婚して「義両親と一緒に生活する」ことは、嫌だという方が多いのではないでしょうか。

普通に考えればそうですよね。

実際に二世帯住宅で生活している私だって、そう思います。

事実、一緒に暮らすようになれば、大なり小なり問題が起きたり、ストレスになったりします。

このブログでは、「低価格で理想の二世帯住宅を建てるには」ということを主眼に置いて書いていますが、そもそも二世帯で暮らす特別な理由がないのであれば、二世帯住宅は辞めておいた方が良いです

なぜなら、誰が考えても分かる通り、二世帯での暮らしは難しいからです。

客観的に分析して、メリットに対し、デメリットが大きすぎれば、二世帯での生活はうまくいきません

二世帯住宅を建てた後、仮に二世帯生活を解消した場合、二世帯住宅の処分は普通の戸建と違うので、築浅の状態でもローンを清算できない可能性がありますし、もしかしたら買い手がつかないことだってあるかもしれません。

二世帯住宅は「ローコストの完全分離型」か「資産価値の高い完全分離型」の2択 - 大器晩成を信じて

この記事では、これから二世帯住宅を検討される方へ、本当に二世帯住宅が必要なのか、考えるための材料を書いています。

■この記事を書いた人■

2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

二世帯住宅のデメリットを深堀する必要性

二世帯住宅のメリット・デメリットについては、色々なサイトで書かれているので、二世帯住宅を検討される方は、目にしたことがあると思います。

ただ、それは表面上の情報に過ぎず、それだけでは二世帯住宅という選択が良いか悪いかの判断が難しいです。

だからこの記事ではメリットは書かず、デメリットを深堀していきます。

その深堀したデメリットを分かった上で、

「それでも二世帯住宅を検討するのか」

「そのデメリットを超えるようなメリットもしくは理由があるのか」

「それとも二世帯住宅という選択肢を辞めるのか」

あなたの判断材料になることを目的として書いています。

一応、補足ですが、

別に二世帯住宅を否定しているわけではないです。」

ただ、「二世帯住宅は家の検討」も、そして「家を建ててからの生活」も難しいので、しっかり現実を見て客観的に判断した方が良いということを言っているわけです。

 

二世帯住宅を建てるかどうか、悩まれている方は、こちらの記事もお読みください。そもそも二世帯住宅が必要なのか、チャート式で判断できます。

これから二世帯住宅を検討される方へ【後悔しない二世帯住宅の検討プロセス】 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com

二世帯住宅のデメリットは大きく分けて7つ

二世帯住宅のデメリットは、細かく分析するとたくさんあります。

そこで暮らす人の精神的な負担がクローズアップされがちですが、コスト的なデメリットもあります。

  • 広い土地が必要
  • イニシャルコストが高額
  • 間取りの検討が複雑
  • 固定資産税が高額
  • 嫁姑問題が発生する可能性がある
  • 資産価値が低い
  • 将来、親世帯のスペースが空き家状態になる

二世帯住宅のデメリット(広い土地が必要)

二世帯住宅は、家を大きくする必要があるため、広い土地が必要です。

二世帯住宅の場合、最低、50坪は必要になります。普通の戸建の場合、30~40坪あれば十分な広さです。

仮に土地の坪単価が、40万円とすると50坪では、2,000万円、40坪であれば、1,600万円です。

土地から探す場合は、土地価格の安い郊外を考える必要があるかもしれません。

二世帯住宅のデメリット(イニシャルコストが高額)

完全分離型の場合、玄関、キッチン、浴室、トイレなど、普通の戸建であれば1つでよいところ、2つ設置しなくてはなりません。これだけでもイニシャルコストが上がるということが分かりますよね。

当然、家の広さも必要なので、施工面積も広くなります。

二世帯住宅の施工面積としては、150㎡(約45坪)ほど必要ですので、工事自体の金額も高くなります。

施工面積

二世帯住宅:150㎡(約45坪)

普通の戸建:100㎡(約30坪)

施工面積の差は、50㎡(約15坪)ですね。施工坪単価が60万円の場合、900万円の差が生まれます。

二世帯住宅のデメリット(間取りの検討が複雑)

このブログで何回も書いていますが、二世帯住宅において間取りの検討は最も大切です。

要するに二世帯が暮らすわけですから間取りの利便性以外にプライバシーのことを考えなくてはなりません。

こういう決め事というのは、人が多ければ多いほど、調整が難しくなります。

【二世帯住宅 間取りを解説】二世帯住宅での生活10年で導き出した答え - 大器晩成を信じて

二世帯住宅のデメリット(固定資産税が高額)

家と土地が大きくなるということは、必然的に固定資産税も高くなります。

我が家を例にあげると土地50坪、家建坪45坪で固定資産税が年間220,000円です。ご近所で暮らす普通の一戸建ては、家に大きさによって異なりますが、100,000~150,000円ですね。

二世帯住宅は、固定資産税も割高です。

現状、我が家は親世帯と折半していますが、仮に親世帯が高齢になって支払えなくなった場合、この固定資産税はすべて我が家が支払うことになります。

負担大きいですよね。

【二世帯住宅の固定資産税は⁉】タマホームの二世帯住宅 固定資産税は220,000円 - 大器晩成を信じて

二世帯住宅のデメリット(嫁姑問題が発生する可能性がある)

嫁姑問題は、普通にしていると必ず起きます。

「うちは仲が良いから大丈夫」と言われる方、いるかもしれませんが、本当に些細なことで嫁姑問題は起きます。いや、実はもうすでに起きているかもしれません。

もう少し分かりやすく言いますと、要は嫁姑問題に限らず、そこで暮らす人の人数が増えれば、単純の人間関係の問題は起きがちです。

これが嫁姑の場合は、顕著に表れるということです。

せっかく二世帯住宅を建てても、嫁姑問題で二世帯生活が破綻するって事、普通にありえます。これは私が10年間、経験してすごく実感しています。

(我が家は、とりあえず何とかなっていますが)

【二世帯住宅の体験談を公開】二世帯住宅での生活 5つの重要ポイント - 大器晩成を信じて

二世帯住宅のデメリット(資産価値が低い)

仮に二世帯での生活が破綻したり、親が亡くなったりで家を売却しようと考えた場合、普通の戸建てのように需要がないので、売却に苦労する可能性があります

そのまま住み続けるのか、建物を壊して土地だけ売却するのか、いずれにしてもプラス面はないです。

二世帯住宅は「ローコストの完全分離型」か「資産価値の高い完全分離型」の2択 - 大器晩成を信じて

デメリットを超えるメリットもしくは理由があるか

二世帯住宅で実際に暮らしてみて、私が感じたデメリットを深堀しましたが、いかがでしょうか。

現在、二世帯住宅を検討されている方にお聞きしたいですが、

「このデメリットを知ってもまだメリットの方が大きい」

もしくは

「二世帯住宅を建てる理由がある」

と思われていますか?

もし、ここで迷いが生じたのであれば、二世帯住宅の検討は一旦ストップさせて、もう一度じっくり考えた方が良いです。

できれば家族皆で話し合う場を設けた方が良いですね。

「なぜ二世帯での生活が必要なのか」「こういうデメリットがあるが本当に大丈夫なのか」皆で話し合ってください。

一方、デメリットが分かった上で、それでも二世帯住宅の検討は既定路線という決意であれば、そのまま突き進んでください。

ただ、二世帯住宅にはこういったデメリットがありますので、家造りはしっかり検討した方が良いです。このブログには、二世帯住宅 検討のノウハウを書いた記事がたくさんあります。ぜひ参考にして、理想の二世帯住宅を建てて下さい。

【二世帯住宅で失敗したくない!】 オススメの資料請求と成功のポイントを詳しく解説 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com

結局、二世帯住宅はオススメできないのか

特別な理由もなく、二世帯住宅を建てることはオススメできません。

二世帯住宅を建てざる負えない理由があるならば、検討に検討を重ねて新築後もトラブルの起きない家を目指すしかありません。

でも特別な理由もなく、何となく二世帯住宅を建てようと考えているのであれば、それは辞めておいた方が絶対にいいです。

これだけデメリットがあるので、リスクが大きいです。

ただ、実際には、二世帯住宅のメリットもあるので、必ずしもマイナス要因ばかりではないですが、それでもこの記事に記載させていただいたデメリットをよく理解して、最終決断されることをお勧めします。

いずれにしても中途半端な考えは、失敗の元ということですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。二世帯住宅の得意なハウスメーカーをお探しの方は、はこちらの記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

【2022年度 二世帯住宅 検討の決定版】ローコストハウスメーカーから大手ハウスメーカーまで比較 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com