タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



眠れない時にやってはいけないこと

今週のお題「眠れないときにすること」

 f:id:suzu20132013:20210925063702p:plain

夜眠れない・・・時々あります。

眠れない原因は、色々とありますが、私の場合は

  1. 昼寝をたっぷりした時
  2. すごい悩み事をしている時
  3. 寝る前に運動した時
  4. 楽しいことがある時
  5. 次の日、絶対に寝坊できない仕事がある時


う~ん眠れない原因は大体こんなところですね。

 

1.昼寝をたっぷりした時

これは分かりやすいです。睡眠が十分に足りている状態ですね。「今日は昼寝したから夜眠れないかも」と思ってしまう時点で負けですね。ただ、私だけかもしれませんが、40歳過ぎてから、いくら昼寝をしても夜も眠れます。なぜかは分かりません。

疲れが溜まっているのでしょうか。

 

2.すごい悩み事をしている時

今まで悩みがあって眠れなかったことは当然あると思いますが、正直、どういう悩みで眠れないようになったのか覚えていません。

一つだけ覚えているのは、仕事でお客さんから依頼されていることを忘れていて、それを寝る間際に思い出して、眠れなくなったことはあります。もう夜なのでどうすることもできないんですが、眠れなくなりましたね。「どうしよう、どうしよう」と思ったところで、朝がきて会社へ行くまでは、どうしようもないのにメチャクチャ頭が冴えてしまって朝まで眠れなかったことがあります。

理屈では、夜なのでどうしようもないことは分かっているんですが、頭が勝手に考えてしまうんです。

 

3.寝る前に運動した時

寝る前にハードな運動をするとやたら目が冴えてしまいます。そのおかげで眠れなくなることもありますが、おそらく医学的に何かがあるのだとは思います。例えば副交感神経が・・・というような感じで。

 

4.楽しいことがある時

スマホゲームにはまっている時やおもしろい動画を見ている時は、その先を知りたくなるので、いつまでたっても眠気がきません。いざ寝る時にこんなに眠れなくなるのならゲームなんてやるんじゃなかったと思いますが、仕事をしていると時間が限られるので、寝る前くらいしか時間がないんです。

 

5.次の日、絶対に寝坊できない仕事がある時

これ最近は、あまりないですが、若い頃はよくありましたね。年齢を重ねて神経が図太くなったのかもしれません。

このパターンって結構最悪で、プレッシャーで夜眠れなくなり、次の日寝不足の状態で重要な仕事をするわけですから、相当な悪循環ですよね。

 

1と3と4は、対策できそうですが、2と5はどうしようもないですよね。

 

こういう眠れない時(特に2と5)、私が気を付けていることは、眠れないのなら無理に寝ようとはせず、電気をつけて起きるようにしています。

というのも、夜中に考えることって、ろくなことが思い浮かばないからです。かなりのマイナス思考が働いて、嫌なことを誇張して考えるようになってしまいます。夜中なので静かで暗いからなのか、それとも人間の本能なのか、物事を考える時間帯として、夜中はあまり適していないように感じます。

 

だから、夜眠れない時は、眠れないから仕方ないと無理に横にならず、起きて他ごとをするようにしています。