タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



子供が大きくなると二世帯の問題は減っていく傾向にある

f:id:suzu20132013:20210805050327p:plain

我が家が二世帯住宅で暮らすようになったのは、今から約10年前からです。

その時、子供は

長男:5歳

少女:3歳

で、二人とも幼稚園に通っていました。

 

これまでに二世帯生活で嫁姑問題が、起きたことを書いていきますが

 

長男5~11歳、長女3~9歳の時

子供が小さい時って、親世帯も子育てについて、色々と口を出したいようで、

「夜寝るのが遅いんじゃないか」

「夜ごはんを食べさせるのが、遅いのではないか」

「そんなに子供を怒ってかわいそう」

「ちゃんと勉強しているのか」

などなど、親世帯からのクレームというか口出しは多々ありました。

 

嫁さんの方としては、

「そんなこと言われなくても分かっている」

「夜ごはんは、これがうちのペースだから問題ない」

 

など、私もたくさん間に挟まれました・・・

正直、結構つらかったですねぇ。こんなんなら二世帯で暮らさないほうがいいんじゃないかって何度思ったことか・・・

 

長男11~14歳  長女9~12歳

一方、子供が大きくなってからは、親世帯からのクレームや口出しは少なくなくなりました。親世帯が一番口を出したいのが、子育てなんだと思いましが、ある程度、子供が大きくなると子供も親世帯と嫁とのやり取りも理解できるようになるし、小さいころのように何でも大人の言うことを聞くという大きさでもないので、言うことがあまりないのでしょう。

また必要があれば、親世帯も子供に直接言うし、子供たちも親の意向に関係なく、おじいちゃん、おばあちゃんのところへ行くので、親を介して孫と接触するということがなくなりました。

つまり、親世帯の2人、私たち夫婦2人、子供2人の6人が各々と関係を作っているので、子供のことだからと親に言うわけではなく、子供に直接聞いたり言ったりするということです。

 

それに伴い、親世帯と嫁との接点も少なくなり、嫁姑問題が少なくなったというわけです。なので、嫁姑が仲良くなったわけではないです。

 

あとはこれまでに私が親に対して、「嫁さんやり方を色々と言わなくていい」と口を酸っぱくして言っているので、その影響もあるでしょう。

「うちはうちでやっているので、ゴチャゴチャ言わんでいい」って何回言ったことか。

 

きっと二世帯生活で悩まれている方もこのブログを読んでくださっているとは思いますが、時間が解決してくれるということもあるとは思いますので、頑張ってみてはいかがでしょうか。