タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



家庭を持ち、家を建てて、それなりの年齢になって気になることがある

f:id:suzu20132013:20210829055346j:plain

気になること。それは自分の健康です。

現在、44歳の私ですが、健康状態は万全とは言い難いですね。かといって大きな病気があるわけでもないですが。

 

若いころはあまり気にしていませんでしたが、年齢を重ねる毎に体の色々な状況が気になって仕方ありません。

 

現在、子供は、中学生と小学生の二人、住宅ローンは残り25年、嫁さんはパート勤め、そんな状況の中、私に何かあっていなくなってしまった場合、この家庭はどうなるのだろうか、と考えるとどうしても自分の健康状態が気になって仕方なくなります。

 

私は、持病というほどではないですが、毎日、薬を飲んでいます。

それは

・コレステロールを下げる薬

・胃酸を抑える薬

・整腸剤(これはたまに飲む程度です。)

 

コレステロールは、記憶を辿ると36~7歳くらいの時から健康診断で引っかかるようになりました。悪玉コレステロール(LDL)が大体、150~170という数値で30代の頃は、病院に行っても食事を気を付けたり、運動したりで様子をみましょう、ということで終わっていましたが、40代半ばになって、悪玉コレステロールの数値に改善がみられないことから、ついに薬を飲むことになりました。

幸いにも薬を飲んでいれば、数値は下がりますので、今後も継続的に飲む必要がありそうです。

 

次に胃酸を抑える薬ですね。これは39歳の時、胃カメラ検査をした際に食道が非常に荒れていて、胃酸が逆流しているということで、それ以来、薬は飲み続けています。薬のおかげもあってか、食道の爛れも治っており、それ以降、胃カメラで指摘を受けることはありません。

ただ薬をやめてしまうと再発しそうなので、未だに薬は飲んでいます。

 

最後に整腸剤です。これは少し前に下痢が続いた時があって、それ以降、飲むようにはしています。普通の整腸剤なので、副作用もないですし、薬を飲むとお腹の調子も良いので、継続的に飲んでいます。

 

今後、年齢を重ねると、他の病気にかかる可能性も高くなりますし、体力も落ちてきますので、色々と心配事は尽きないですね。

薬をもらっている病院に体調の変化を相談するケースも多くなったし、アクアドクターズというサイトでも相談したりしています。

 

アスクドクターズ|ネットで医師に相談・Q&A検索 (askdoctors.jp)

 

このアクアドクターズは、結構重宝していますね。

病気の症状についての情報収集もできますし、実際に医師へ相談することもできるので。まぁ最終的には、病院に行かなければならないケースも多々ありますが、こういう相談できる場所があるというのは非常に大切だと思います。

 

健康状態に不安のある方は、一度試してみてはいかがでしょうか。