大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【引越しは相見積で半額以下になる⁉】引越し費用を抑えるコツは2択

f:id:suzu20132013:20220320090106j:plain

・引越し費用が高くて困っている

・どの引越し業者が良いのか分からない

・複数社から引越しの見積を取るのが面倒

この記事では、こんな悩みを解消することができます。

家を新築して、当然ながら引越しをするわけですが、「家の新築に多額のお金をかけているので、引越し費用は少しでも安く抑えたい」そういう方、かなり多いと思います。

私もその一人でしたが、

「結論から言いますと引越し費用は、一括見積を利用して安く抑えることができます。」

我が家も家を建てた時、予算的にも厳しかったので、少しでも費用を抑えるため、試行錯誤しました。

今回は、引越し費用を安価に抑えるための方法を書いていきます。

■この記事を書いた人■
2012年に年収470万円ながらローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。現在、二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

引越し費用は、一括見積を利用して、半額になる⁉

我が家も引越しをする際、一括見積を利用しました。

一括見積だから、複数社、金額提示がありましたが、最終的に金額は、最初に提示された金額の半額以下になりました。

最初の見積額20万円⇒最終の金額9万円(一部ゴミ処分費含む)

もし一社のみの見積で決めていたら、ここまでお値打ちに引越しはできなかったですね。

引越し前の状況

まずは我が家の状況ですが、二世帯住宅なので、引越しとしては二世帯分です。

位置関係は、

・私の住んでいた所と新居の距離は約5km

・親世帯の住んでいた所と新居の距離は3km

家族構成は、我が家は4人家族で親世帯は2人ですね。

我が家が、実際に引越しした時期は、6月です。

引越し費用というのは、3月4月や9月10月が高い傾向にあります。

引越し見積一括請求の内容

引越し見積の一括請求は、ネットで申し込んで、そのあと各引越会社から連絡が入ります。我が家の場合、引越業者4社から連絡がきて、見積金額の提示がありましたが、大体15万円~20万円の間でしたね。

概算金額の提示があった業者の中から、安いところの2社に絞って、現場を確認していただきました。

引越業者は、「引越社」と「アーク引越しセンター」

流れとしては、2社に絞った内、まず「アーク引越しセンター」さんに連絡を取って、荷物の確認をしていただきました。私としては、少しでも金額を抑えたかったため、価格を下げてほしい旨を伝えたところ、簡単に15万円から12万円に下げてくれました。

続いて、「引越社」さんに連絡を取り荷物の確認に来ていただいたところ、こちらも12万円という回答がありました。ただ「引越社」さんはここからが違いました。

相手(相見積先)より金額より下げると言い出して、相手が12万円で提示してきていると伝えたら、

「うちは11万円でやります。だから決めてもらえませんか」

と言ってきました。

ただ、もう1社の方も

「うちより安いところがあったら教えてください」

と言っていたので、どうしようと悩みました。

私的には、11万円で全然よかったわけですが、引越業者同士の競争がすごく、よく分からなかったので正直に引越社の人に

「もう1社の方からこう言われている」

と伝えたら、

「分かりました。じゃあ9万円でどうですか?」

引っ越し費用って、価格があってないようなもんですね・・・

私としてもこれ以上は面倒くさいので、引越社にお願いしますと伝えました。

ただ、もう1社の方になんて連絡しようかなぁっと私が言っていたら、引越社の方が「私が断っておきます」とのこと。

多分、これは親切心というわけではなく、再度、価格交渉が始まるのを嫌ってのことだと思います。

引越しの見積一括請求はオススメできます

一連のことを経験して、思ったことは

引越しの場合、必ず相見積は取った方が良い

ということです。引越し費用は、すごい漠然としているので、引越し業者の言いなりになってしまう可能性があります。

私の実体験から適正価格で引越しをするためにも、引越しの一括見積は取り入れた方がいいです。

引越しの一括見積のメリット・デメリットは?

メリット

  • 相見積を入手して価格の比較ができる
  • 一社づつ連絡をする必要がない

デメリット

  • ネットでの申し込みが手間

ネットで申し込みのため、入力の手間はありますが、費用的なデメリットがありませんので、引越し費用を抑えたい方には、「引越しの一括見積」をオススメできます。

引越し一括見積 図解

引越し業者探しは2択

オススメする引越し業者を探す方法は2つ

  • 「引越し侍」を利用して一括見積を入手
  • 「くらしのマーケット」を利用して個別に引越し業者を探す

「引越し侍」

引越し侍は、ラジオCMでもお馴染みの業者です。

安心して利用できます。

引越しの荷物が多い場合は、一括見積をオススメします。


www.youtube.com

昔は、こういった一括見積のサイトがなかったですから、引越し業者1社から見積を取って、少し値引きを入れてもらった程度の金額で引越しをされる方がほとんどでした。でも、現在はネットの普及に伴い、相見積を取るのが当たり前になっていますので、費用を抑えたい方は、ぜひ、ご利用ください。

 

「引越し侍」の他に「くらしのマーケット」を利用して、引越し業者を探す方法もあります。

こちらはテレビCMでお馴染みですが、引越しの荷物が少ないご家庭は、「くらしのマーケット」で地元の業者を探した方が、費用を安く抑えることができそうです。

暮らしのサービスを
オンラインで予約するなら!【くらしのマーケット】

不用品の処分は?

新築の家に引越しするタイミングで、不用品を処分したいと考えられる方は、

  • 引越し業者から紹介してもらう
  • 暮らしのマーケットで処分業者を探す

どちらかの方法がよいです。

私は、引越し業者にゴミ処分業者を紹介してもらいましたが、「くらしのマーケット」でも業者を探すことができます。

「くらしのマーケット」サイト内の業者は、価格が明瞭なので、安心して利用することができます。

「くらしのマーケット」について、詳しくまとめていますので、こちらも合わせてご覧ください。

nisetai-tama.com