大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【引越し時の重要事項】ゴミの処分に悩んだら引越し業者に相談するべき

今週のお題「引っ越し」

引越しの際、引越し業者にゴミ収集業者を紹介してもらうことが大切な理由 

f:id:suzu20132013:20220307210502j:plain

これまで、4回引越しをしていますが、そのうち3回は自分で引越しをしました。一人暮らしと言うこともあって荷物も少なかったですし、レンタカーでトラックを借りるくらいで十分でした。ただ4回目はすでに結婚していて、子供もいたのでそういうわけにはいかなかったので、引越し業者にお願いしました。その際、引越し業者から紹介していただいたゴミ収集業者がすごい役に立ったので、今回はそのことについて書いていこうと思います。

それまでゴミ収集業者の存在はしりませんでしたが、すごい役に立ちました

引越し業者はアリさんマークの引越社

引越しをする際、相見積は取ったんですが、最終的に一番金額の安かった引越社にお願いしました。現在住んでいる二世帯住宅に引越したわけですが、子世帯と親世帯の引越しを合わせて、9万円でしたね。相見積の効果と時期的なものもあるとは思いますが、かなり安かったですね。

引越し費用、相見積のお話はこちらへ

 

nisetai-tama.com

 

二世帯分で9万円はちょっと驚きました

引越社の現場下見と不用品の処分

見積をもらう時、引越社の方が荷物の量を確認していて、その時に処分したいものについても相談したんですよね。大物だとダイニングテーブル、ベビーベッド、赤ちゃんを乗せてユラユラするもの、ソファー、テレビ、あと他にもあったと思いますが、これを引っ越しのタイミングで処分したいと話をしたらゴミ収集業者を紹介するので大丈夫ですよと回答してくれました。その上、ソファーとダイニングテーブルは引越し費用の内でいいですよ、という大盤振る舞いでしたね。

なんか調子のいい営業さんでしたね

ゴミ収集業者と引越社の関係

ゴミ収集業者とは引越し当日に初めて会いました。名刺を渡されて、ちゃんと国の認可を受けている業者という説明がありましたね。まぁ引越社の紹介なので怪しげな業者ではないと思っていましたので、心配はしていませんでしたが。

ただ、これとこれを処分したいと伝えたところ、引越社の人から何もきいてなかったようで、全部有償という話をされてしまいました・・・一応、私から引越社の人にソファーとダイニングテーブルは無償で引き取ってくれるという話を聞いていたんでが・・・と伝えたところ、引越社の人に連絡を取ってくれて無償になりました。雰囲気的には、この業者は引越社と結構一緒に仕事をしている感じを受けましたね。引越しと同時に不用品を処分したいというお客さんがたくさんいるのだと思います。

揉めたというほどではないです・・単純に連絡ミスだったようです

 

ゴミ収集業者の良いところ

どんな大きなものでも持って行ってくれます。(もちろん無償ではないですが)あとすごい重宝したのが、すごい大きい袋を渡されて、ゴミは何でも入れてよくて、袋一杯分のゴミを1,800円で収集してくれました。本当に何でもいれていいんです。可燃ごみも不燃ごみも。こんなにごちゃ混ぜでいいの?って確認したら会社で分別すると言ってましたね。市や町のゴミ収集に出せば袋代だけで処分できるんですが、引越しの際に出るゴミは大量なので、それだけでは間に合わないんですよね。一袋1,800円が高いのか安いのか分かりませんが、実際、すごく助かったのは間違いないです。多分、ゴミを収集して、再利用できるものは直してリユースしているのかもしれません。

まとめ

引越しとゴミの処分は、連動していると思います。我が家は引越しの際、この業者を使って不用品を処分しましたが、それでもまだたくさんの不用品が家に眠っています。こういう不用品って処分するタイミングが難しいですが、引越しのタイミングはまさによい機会なんですよね。これから引っ越しを検討される方は、その引越し業者にゴミ処分についても相談されてみるとよいと思います。

実感としては、ゴミ収集業者を使うのは、非常におすすめです。引越しのタイミングでもっとゴミを捨てておけばよかったと思っているくらいです

ただ引越しはすごいエネルギーを使うので、できればもうしたくないですね・・・