タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



光熱費の支払はクレジット払いがお勧め 

f:id:suzu20132013:20210823044930j:plain

なかなか給与の上がらないこの時代、いかに支出を減らすか、というところが大切なんだと思いますが、その一環として、光熱費の支払方法を変更しました。

 

 これまでの支払方法は

・水道代⇒銀行引落

・ガス代⇒クレジット払い

・電気代⇒クレジット払い

でした。

 

今回、支払条件を変更しようと思ったのは、これまで水道代は、銀行引落か振込しか支払方法がなかったのですが、最近、水道局のホームページを見たらクレジット払いも可になっていたので、早速取り掛かりました。

ついでにガス代と電気代のクレジットカードも変更しました。

 

まずガス代と電気代ですが、これまではイオンカードで支払っていました。イオンカードで支払うと200円で1ポイントのwaonポイントが付きますので。

 

ガス代10,000円⇒50ポイント

電気代18,000円⇒90ポイント

がいつもポイントとして還元されていました。

 

今回は、このイオンカードからau Payカードへと変更しました。

au Payカードは、100円で1ポイントのPontaポイントが付きますので、イオンカードの倍ですね。

 

au Payカードだと

ガス代10,000円⇒100ポイント

電気代18,000円⇒180ポイント

となるわけです。

 

次いで水道代もカード払いがOKになりましたので、銀行引落からau Payカードに支払方法を変更しました。

水道代は結構大きくて、今月の請求は、35,428円でした。(2ヶ月分)

 

35,428円だと354ポイントが、Pontaポイントとして還元されます。

 

つまり

ガス代⇒100ポイント

電気代⇒180ポイント

水道代⇒354ポイント

ということで、634ポイントが還元されます。

 

この634ポイントをどう見るかですが、クレジット払いによるデメリットは何もないので、少しでも戻ってくるのであれば、クレジット払いが絶対にお勧めだと思います。

確かに手続きが面倒くさいので、たかが数百円のために、という考え方もあるでしょうが、今はすべてネットで手続きができますし、実際にやってみると思ったより簡単ですよ。

これまで届いていたガスや電気、水道の使用量の案内があれば、あとはネットで完結できます。

現在、銀行引落や振込をされている方は、一度、クレジット払いを検討してみてはいかがでしょうか。

特に携帯をauで契約しているauユーザーは、au Payカート非常にお勧めです。