大器晩成を信じて

当初は、家のことばかり書いていましたが、最近は何でも書きます。色々なことを共有できればと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

健康診断、特に胃カメラは辛い・・

f:id:suzu20132013:20211223200703j:plain

今日、毎年恒例の健康診断に行ってきました。

まぁ日帰り人間ドックですね。

 

結果は、2~3週間後なので健康なのかどうかは分かりませんが、とりあえず憂鬱な健康診断を終えることができてホッとしています。

 

内容をざっくりお伝えすると

・血液検査、血圧検査

・身長、体重、胴囲

・視力など

・心電図

・腹部超音波検査(腹部エコー)

・問診

・胸部レントゲン

・胃内視鏡検査(胃カメラ)

 

この中で個人的に一番辛いのが胃カメラですね。

健康状態は別として、胃カメラ検査はすごい嫌なんですよ。

なので、今日は胃の検査について、書いていこうと思います。

 

胃の検査は、バリウム検査と胃カメラと2つの方法をやったことがあります。

ここ5年くらいは、ずっと胃カメラをやっていますが、その前は5年くらいバリウム検査をやっていました。

 

バリウム検査をして異常があった場合は、胃カメラ検査をすることになるので、それなら最初から胃カメラ検査で良いじゃんということで胃カメラ検査を選択しています。

 

両方の検査を経験していますが、正直言ってどちらも辛さはあります。

今回は、胃カメラについて書きますが。

 

まずは胃カメラ検査の流れを書いていきます。

鼻からカメラを入れるタイプで

➀鼻の粘膜を広げる薬を鼻に入れる

②鼻に麻酔薬を入れる

③すこし時間をおく

④横になる

⑤鼻からカメラを入れられる

⑥食道、胃、十二指腸を見る

⑦カメラが抜かれる

簡単に書くとこんな感じですね。

この中で辛いのが、⑤と⑥です。

⑤は、カメラを入れていく作業なんですが、鼻は麻酔がかかっているので、全く痛くありません。ただ角度的に絶対、喉にカメラが引っ掛かるんです。

先生が、うまく通してはくれるんですが、ちょっと「喉が・・・」って感じになります。

⑥は、胃の状態をよく見るためにカメラから胃の中に空気を送りこまれるんですが、ゲップをしてはいけないんです。

鼻に管を通されて、わけわからない状態でゲップを我慢するのって思いのほか辛いです。涙と鼻水とよだれがぁ・・って感じです。

 

今日、検査をしてくれた先生はすごい上手だったんですが、それでも辛かったです。

(去年も同じ先生でした)

 

検査が終わった後、先生から異常はないということと、ピロリ菌がいないので、胃がんのリスクも低いから毎年、胃カメラ検査をする必要はないですよって話がありました。

もしかしたら私があまりに辛そうだったので、親切に教えてくれたのかもしれません。

 

来年は胃カメラどうしようかなぁ。

でもバリウム検査も結構辛いからなぁ。

 

正直、悩みます。

 

とりあえず、胃カメラ以外の検査結果は分かりませんが、今年の健康診断が終わったということで、気楽になりました。