大器晩成を信じて

当初は、家のことばかり書いていましたが、最近は何でも書きます。色々なことを共有できればと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

何としても記憶から消去したい出来事

今週のお題「忘れたいこと」

 f:id:suzu20132013:20211217224120j:plain

人って精神を健全に保つため、嫌なことであったり、辛かったことの思い出は自動的に忘れるケースが多いと思います。

実際、私もこれまで嫌だったり、辛かったことは当然ありましたが、具体的に何が?って聞かれるとあまり思い出せません。

でも恥ずかしかったことはなぜかすごい覚えていて、時々、思い出してはすごい嫌な気分になります。

 

今でも思い出す恥ずかしかった出来事を書いていきますが、できればどれも忘れてしまいたい内容です。

 

最初に思い出すのは、小学校時代にやっていた少年野球のことですね。

守備の練習をしていたんですが、コーチから「こうした方がいいんじゃないか」など話をされて、「はい・・・はい・・・」と返事をしていたんですが、実は私の後ろにいた選手に話かけていました。

お前じゃないって言ってくれよ~

メチャクチャ恥ずかしくて、友達にもからかわれました。

まぁこの経験のおかげで、相手が誰に話かけているのか注意深く観察するようにはなりましたが。

 

次に思い出すのが、高校時代のことですね。

高校2年生の時だったと思いますが、なんか学級委員をやっていたんですよね。その高校では、級長って呼んでいた記憶があります。

ある週の全校集会で私の属するクラスが何かで表彰されるということで、級長である私が賞状を受け取るため、通常の生徒が集まる場所ではなく、体育館の端で待機していました。

全学年で10クラスくらいが表彰の対象になっており、3クラスずつ呼ばれて、校長先生の立つところへ上っていくわけです。

で、ここから問題が発生するんですが、なぜか呼ばれていないのに他の人について、私も上っていってしまったんです。多分、ぼぉ~っとしてたんでしょう。

上ったはいいけど、当然私のクラスの賞状は準備されていいないため、何も受け取らず、そのまま降りてきました。

全校生徒がいる場だったので、すごく恥ずかしかったです・・・

思い出したくないのに今でも思い出します。

 

最後は彼女の家に電話をした話です。

私が学生の頃は、まだ携帯電話もなく、彼女と連絡をとるためには、家に電話をしなくてはなりませんでした。

ある日、何かの用事があって彼女の家に電話をして、彼女だと思って色々言ったんですが、そのあとに「〇〇に変わるね」って言われてしまいました。

電話に出たのは、彼女ではなく彼女のお母さんだったんです・・

テンション高くいきなりしゃべったので、落ち着きのない変な奴に思われたかもしれません。

内容は覚えていないですが、メチャクチャ気まずかったです・・

これは一番忘れたいですね。

 

他にも色々あるんですが、恥ずかしかったことってなかなか忘れられないんですよね。

時々、思い出しては恥ずかしい思いをしています。