大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【新築途中でお金に困らないためのコツ】資金計画書の作成は重要 タマホーム

家を新築するって思っているよりもお金がかかります。実際に家を建ててみた感じで言いますと、家を建てる前の予算を間違ってしまうと建築途中でお金が底をついてしまうということだってあり得ると思います。ここでは実際にどの程度のお金がかかるのか考えていきたいと思います。

家新築時の全体像

土地代:2,100万円

家:2、250万円

合計4,350万円ですが、実際には4,900万円ほど必要でした。

つまり550万円が何かしらの費用で出費したということです。もし土地代と家代と諸経費分で4,500万円しか用意していなかったら、途中でお金が足りなくなっていた状況です。身近にはいませんが、きっと家は建てたけどお金がなくて困ってしまう人も結構いるのではないかと思います。

まぁハウスメーカーや工務店がそのあたりもフォローしてくれるとは思いますが、ギリギリのお金で家を建てるのは相当リスクがあると実感しました。

家、土地以外の費用

・地盤改良費:180万円

・土地購入手数料:80万円

・土地建物登記費用:40万円

・水道工事・登録費:25万円

・引っ越し費用:10万円

・火災保険:60万円

・地震保険:5万円

・外構工事費:100万円

・エアコン費:30万円

・カーテン・照明:20万円

これでもかなり抑えた方で、本当は新築に合わせて購入したいものもたくさんありました。家を検討する際の最初の資金計画が甘いと家は建てたけど、いきなり家計がピンチということもあり得ると思うし、登記費用を払えない人もいるのではないかと思います。

資金計画書の作成は必須

我が家の場合は、二世帯住宅で親世帯もいたので、全財産をはたいてしまうほどのピンチには陥らなかったのは幸いです。タマホームでは下の写真のようなマイホーム資金計画書を作ってくれるので、何の資金が必要なのか一通り分かるようにはしてくれます。

f:id:suzu20132013:20210713214648j:plain

ただ、営業さんの性格にもよるでしょうが 、楽観的な営業さんだと計画書に書く数字が甘かったりする可能性はあると思います。ちなみに我が家の場合は、ほとんどすべての項目で営業さんが考えてれた金額より高くなってしまいました。

まぁ家以外の部分の予想金額を大きくしてしまうと家にかけれる金額が少なくなってしまうので、営業さんとしては、そんなに多めには書かないかもしれません。

でもこの資金計画書ですが、手書きでも書き込んでいる通り、家が完成するまで使用しました。そういった意味では、非常に役に立った資料でした。

ハウスメーカーへの無料資料一括請求でも必要資金の全体像を把握できます。資料請求について記事を書いていますので、もしよければ読んでみてください。

最後までお読みくださいり、ありがとうございました‼

 

nisetai-tama.com