タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



住みたい場所と家を考えてみる

今週のお題「住みたい場所」

 f:id:suzu20132013:20210705215457j:plain

はてなブログの今週のお題が「住みたい場所」ということで、当ブログと若干なりとも内容が重なるので、考えてみることにします。

 

現在、私は中部地区(割と大きな市です。)で二世帯住宅を建てて親世帯と一緒に暮らしています。今の生活を送っている理由としては

  1. 生れた時から同じ町で暮らしているので、その流れと愛着がある
  2. 職場の問題で他の地域には行けない
  3. もともと人見知りで、他の地域へ出かけると寂しくなってしまう性格である
  4. この町が最高だと思い込んでいる
  5. 知らない土地へ行って、地理的に分からないと嫌だ
  6. 両親の生活環境をあまり変えたくない
  7. 嫁さんの実家も近くなので、ちょうど良い

漠然としていますが、要するにこの町から出たくないということです。

 

で、もし何の制約もないとしたら、どこに住みたいのか考えると

 

候補1:今と同じ場所、同じ環境で生活する。

全く面白みのない答えですが、どこでも自由に暮らせると言っても何となく、同じ場所で暮らすかもしれません。環境の変化を嫌っているのか、勇気がないのか、そのどちらもだと思いますが、今の場所で変わらず安定的に暮らしたいというのが、一番最初に考えたことですね。

 

候補2:海の近くで生活する

近くに伊勢湾がありますが、魚釣りが好きなので、海の近くであれば最高ですね。昔仕事で伊勢に行ったことがあるのですが、そこには家の半分が海の上に立っている住宅があり、めちゃくちゃうらやましく感じました。

だって家の窓から魚釣りができるんですよ?多分、朝起きたらすぐに釣りをするでしょうね。夜釣りだって楽々です。

ただ、心配なのは地震による津波ですよね。中部地区は東南海地震が発生すると言われて久しいですが、いずれ必ず東南海地震はおきそうなので、そこだけ心配です。海の上にある家は、ちょっと夢がありますね。

 

候補3:山奥で生活する

海とは真逆ですが、山奥で暮らしてみたいという気持ちもあります。人里を離れて時間が止まっているような生活を送ることができたらストレスもないでしょうね。家庭菜園なんかやりながらのんびり生活できたら最高ですよね。

でももう少し具体的に考えると、今の時期は、蚊がたくさんいるのではないだろうか、家の周りが植物に占拠されて、一日中草むしりをしないといけないでのはないか、テレビの電波が届かないのではないか、買い物はどうする、などデメリットも結構ありそうですよね。

動物にだって警戒する必要があるでしょうしね。

 

まとめ

候補2が、一番夢がありますし、子供のころからそういう家に住んでみたいと思っていたので、将来的には海の上の家を目指したいと思います。

ただ地震の心配もあるので、別荘という感じでも良いかもしれません。

海の方へ行けば土地も安いでしょうし、海の上とまでは言わなくても海に近い別荘くらいなら何とかできないかなぁ。

いずれにしてもお金が必要なので、頑張って働くしかないです。

夢みたいなことを書きましたが、最後は現実に戻ってしまいました。