タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。



大誤算!タマホームの家の価格に外構工事費用は含まれない。

最初にタマホームは家の価格に外構費用は含まれません。

 

自社で外構工事をやらない代わりに外構業者を紹介してくれます。我が家の場合も外構業者を2社紹介してくれました。

私は、外構工事という言葉すら知らなかったほどの人間で費用を見た時ビックリしました。家の周りの柵と駐車場のコンクリート、そして門柱で費用は、100万円。

知っている人なら当然の金額なんでしょうが、そうなんだ・・という感じでした。

2社とも100万円だったので、それが相場だったんでしょう。

 

外構業者と大体の仕様打ち合わせを行い、価格の調整はタマホームの営業の方も協力してくれました。相見積で価格交渉って私としては、結構気が引けるんですが、その営業の方がしっかりやってくれたので、非常に助かりました。

もしかしたら家の値段が思ったより高くなったので、頑張ってくれたのかもしれません。

家の割安感を出すには、外構工事は別にした方が良いとは思いますが、外構工事込みのパターンがあってもいいような気はします。

 

というのも今まで賃貸に住んでいて、一戸建てに住んだことのない私には、先ほども書きましたが、外構工事という概念がなかったからです。

「外構工事って何?」っていうレベルです。

外構も当然、家の一部という考えがあったので、外構工事が別と聞いた時は、「えっ⁉どうしよう」とちょっと動揺してしまいました。

 

家を建てる前に相当勉強される方もいるとは思いますが、私の場合はどちらかというと思いつきな部分が多く、何でもお任せにしてしまうので、こういうことになるのでしょうか。

でもこういう人もある程度いるんじゃないかぁって思います。

 

だから外構工事が含まれていると思っていた私にとって、外構工事が別で費用がかかるのは、大ダメージでした。お金もなかったし。

 

そのため外構工事としては、最低限に駐車場のコンクリートと家周りの柵、そしてポスト周りをするだけで終わりました。

おそらく外構工事で100万円ってあまりお金をかけていない方だと思います。

本当、最低限な内容ですよね。

ただ出来上がりは業者さんもきれいに仕上げてくれたので良いですが、やっぱりちょっと殺風景ではありますよね。

 

もう10年経っているのでだいぶ汚れていますよね。

(年に1回は高圧洗浄機できれいにはしてます。)

f:id:suzu20132013:20210525212125j:plain 

その数年後、自転車置き場用の屋根はつけました。

 f:id:suzu20132013:20210525212045j:plain

 できれば駐車場にも屋根をつけたかったですが、屋根を付けると柱のせいで車を止めるスペースが小さくなってしまうので、やめました。

こんな自転車用の屋根ですが、これがあるだけでも雨の日はすごい助かります。

雨の日に外で雑作業するときなんかは、非常に助かっています。