大器晩成を信じて

二世帯住宅 × タマホーム

【二世帯住宅の内扉はカギありなし⁉】内扉なしという選択肢も

この記事を読んで分かること☝

  • 二世帯住宅の内扉と税制優遇について
  • 二世帯住宅の内扉にカギをつけるべきかどうか
  • 二世帯住宅の内扉をなくすことは可能

完全分離型の二世帯住宅を検討する際、誰もが悩む内扉の存在。我が家も二世帯住宅を建てた時、同じように内扉について、悩みました。

「プライバシーの観点から内扉にカギを付けたい」

「でも、カギを付けると言うと親世帯との関係が悪くならないか」

など。

最終的に我が家の二世帯住宅には、親世帯と子世帯をつなぐ内扉が存在します。

ところで、そもそもこの親世帯と子世帯と繋ぐ内扉は、二世帯住宅に必ず必要なんでしょうか?

結論を言うと

「二世帯住宅の内扉は、あってもなくてもどちらでもよい」

ということになります。

この記事では、税金優遇と実生活の面から経験談を交え解説していきます。

■この記事を書いた人■

2012年にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を新築。

二世帯住宅での生活歴10年。(継続中)

実際にローコストハウスメーカーで二世帯住宅を建てた経験とその後の生活の経験を活かし、二世帯住宅の情報を発信中。

一男一女の父親。

二世帯住宅の税制優遇と内扉の関係

二世帯住宅には、建て方や登記次第で、相続税を最大80%軽減できるルールがあります。

例えば、親が持っている土地に二世帯住宅を建てる場合

  • 家の基本条件は完全分離型で各々の世帯で独立して生活ができる
  • 建物の登記が、世帯毎に分かれていない

この二つの条件が揃っていれば、内扉の有無に関わらず、相続税の優遇を受けることができます。(最大80%)

詳細は「税理士法人トゥモローズ」さんのホームページに詳しく書いてあります。

【小規模宅地の特例】同居親族と二世帯住宅をパターン別に徹底解説(建物構造・登記編) | 税理士法人トゥモローズ | 東京の相続税申告・相続専門の税理士法人

平成25年(2013年)の改正で、このルールになったようで、私が二世帯住宅を建てた2012年は、相続税の税制優遇を受けるのであれば、内扉が必要でした。

二世帯住宅の内扉 選択肢は3つ

二世帯住宅のルール変更に伴い、内扉の選択肢は3つです

・カギなしの内扉

・カギ付きの内扉

・内扉なし

カギなしの内扉

メリット:子供がある程度の大きさになったら自由に行き来できる。

デメリット:勝手に家に入られる可能性がある。プライバシーの問題

カギ付きの内扉

メリット:プライバシー対策ができている

デメリット:カギを開けるタイミングが難しい。ルールが複雑化。

内扉なし

メリット:完全に世帯が分かれるので、プライバシーの問題なし

デメリット:世帯間で行き来する必要がある際、手間。

実生活で二世帯を繋ぐ内扉は必要だったのか?

実用面で考えると、この内扉は結果的にあって良かったです。

子供たちが小さい頃、私たち夫婦が不在の時、親世帯の家でよくご飯を食べさせてもらっていました。

近くなので、玄関越しで行くようにしても良いとは思いますが、いかんせん小さい子供なので、鍵を開けっぱなしにしたり、そのまま外へ行ってしまっても困ります。

この内扉であれば、外部とつながるわけではないので、防犯面では安心です。

この内扉による二世帯のプライバシー問題もルールの決め方次第ですね。

我が家は、基本的にその内扉を利用して行き来するのは、子供たちと私くらいです。

親と嫁さんがその内扉で行き来することはほとんどないですね。

二世帯住宅の内扉

我が家の内扉

内扉は、「カギなしの内扉」か「内扉なし」のどちらかがオススメ

我が家は、「カギなしの内扉」でうまくやっていけていますが、プライバシーの心配があるならば、「内扉なし」をオススメします。

なぜ、「カギ付きの内扉」がオススメでないのか。

それは、「カギ付きの内扉」はトラブルの元だからです。

  • カギはどういうタイミングで開けるのか
  • 内扉を使わないのであれば、設置した意味がない
  • 利便性を考えれば、カギは開けっ放しの方がいいのではないか

など、様々な意見の出る元です。嫁姑問題は、こういう部分から発生するものですから、問題となるリスクは減らすべきです。

家を建てる人の考え方はあると思いますが、

子育てを含め、親世帯と子世帯でうまく生活していく

⇒「カギなしの内扉」

完全にプライバシーの対策をしたい

⇒「内扉なし」

という感じですね。

二世帯住宅 検討の中で、内扉は非常に難しい問題ですが、この記事を参考にしていただけると幸いです。

二世帯住宅の得意なハウスメーカーを探される方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

【2022年度 二世帯住宅 検討の決定版】ローコストハウスメーカーから大手ハウスメーカーまで比較 - 大器晩成を信じて

nisetai-tama.com