タマホームと二世帯住宅

タマホームで二世帯住宅を建ててもうすぐ10年です。家や二世帯生活について、良かったこと悪かったことを書いていきますので、参考にしてください。

タマホームで家を建てることになった理由

タマホームで家を建てる理由

・コストを抑えることができる

・他のハウスメーカーでは高額すぎて家を建てることができない

・CMでよくみかけるから

・ローコストハウスメーカーの中では知名度が高いから

 

やはりタマホームで家を建てる方の理由としては、コスト面が一番多いでしょう。

タマホームで家を建てた理由について、我が家の場合を書いていくことにします。

 

今から約10年前にタマホームで二世帯住宅を建てたわけですが、その時の私の年齢が35歳で子供たちは、幼稚園児でした。

35年ローンを考えていたので、そろそろ家を建てなくてはと思い、ハウジングセンターを回ったわけですが、回れば回るほど、資金が厳しいことを思い知らされ、凹んでいたのを思い出します。

最初から二世帯住宅というのは考えており、多少の頭金もありましたが、ハウジングセンターにある家は、猛烈に高かったです。

6~7千万円のところが多かったです。

まぁでもハウジングセンターに出しているハウスメーカーは高いのは当たり前だからと無理矢理自分に言い聞かせ、「もうあそこしかない」と決意。

それはタマホーム

安い家といえば、タマホームというのは、その当時から言われており、早速タマホームの展示場へ行くことにしました。

実際、展示場にある家を見学させていただき、完全分離の二世帯住宅が希望であること、大きな予算はないことを伝え、プランを考えてもらいました。

最初から概略の予算は伝えてましたが、予算的に大丈夫ということを言ってもらったので、もうここで検討するしかないと思いました。

今考えると営業の方にうまいこと言われて、他を検討する気をなくさせられたのかもしれません。

でも、もうこの時の私の思考は、タマホームで家を建てるの一点張りでした。

 

最終的にタマホームで建てたかもしれませんが、その時、レオハウスやアイフルホームなど、他にもローコストハウスメーカーはあったので、もっと比較検討すればよかったと思っています。

そうすれば、間取りや仕様を決めるにももっと幅を持たせた検討ができていたでしょうから。

私の性格上、深く考えずタマホームに決めてしまいましたが、他社と比較検討していれば、もっと良い家が建ったのではないかと、10年経った今、思います。

 

ローコストハウスメーカーといっても大きな買い物であることには変わりないので、これから家を検討される方は、複数社で比較した方が納得のいく家を建てることができると思います。

今の時代、相見積をとることは当然ですし、選択の自由もあるわけですから、気兼ねする必要はないです。

 

まぁ我が家の場合は、こんな感じでタマホームに決まりました。

 

家づくりは、情報収集が最重要です。 まずは、情報収集という方は、 こちらからどうぞ 色々な情報を入手できるので、家づくりのためになること間違いないです。